PICK UP !
【世界初】脳波で動くロボットが接客する服屋さんの実験「BRAIN ROBOT STORE」

 イカスミカフェ店長が、実の父より尊敬している武藤将胤さん(ALS患者)が、新しいチャレンジをします。その名も「BRAIN ROBOT STORE(ブレイン・ロボット・ストア)」。脳波でロボットを動かして接客をする実験なのです。

どうしてロボットで接客するの?

「感染防止対策?」と思った方も多いかもしれませんし、実際そういったメリットもあるのですが、この実験で使用されるロボット「OriHime」はコロナ禍のずっと前から存在していました。

OriHime(オリヒメ)」は、子育てや単身赴任、入院など距離や身体的問題によって、行きたいところに行けない人のもう一つの身体、「分身ロボット」です。

 ALSなどの難病で外に出ることが難しい人が、自宅や病院にいながらでも旅行に行ったり、働いたりすることを実現するサポートをしてくれます。

どうして脳波で動かすの?

 ロボットを遠隔操作するもっとも簡単な方法は「コントローラー」を使うことです。わざわざ「脳波」という、高度なテクノロジーを使う必要があるのでしょうか?

 武藤さんが罹患しているALSという病気は、意識や五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)、記憶や知性は正常のまま、体を動かす運動ニューロン(運動神経細胞)が侵され、身体が徐々に動かなくなっていき、最終的には瞼(まぶた)さえ開くことが出来なくなる難病です。

 このため、病気が進行して指が動かなくなると、「コントローラー」でのロボット操作ができなくなるのです。

 OriHime は「視線入力」に対応しているので、眼球が動く限り操作することが可能ですが、最終的に瞼を開くことができなくなると、「視線入力」もできなくなります。

TLS(完全閉じ込め状態)

 ALS患者が最も恐怖を抱いている「瞼さえ動かせなくなる最終的な段階」を、「TLS(完全閉じ込め状態)」といいます。

 どうか、想像してみてください。

 意識はいつものアナタのまま、五感もいつものアナタのまま、体だけがまったく動かない状態。

 目を開けられないので何も見えません、部屋が暗いか明るいかは分かりますし、耳は聞こえるので音楽やテレビの音は聞こえます。

 アナタに話しかける人の声も聞こえますが、口が動かないので話すことはできません。

 顔がかゆくても掻くことができませんし、それを伝えることもできません。

 まるで、自分の体に閉じ込められているように感じます。

 そして、その状態が怖くて辛くて悲しくても、声を上げて泣くことができないのです。

 私の友人は「TLS」になることへの恐怖と、家族の負担になることを恐れ、自ら死を選びました。

 もし、脳波でロボットを動かして「寂しいよ」と伝える手段があったなら、「その度に手を握ってあげる」と約束できたなら、友人には別の選択肢があったかもしれません。

脳波×分身ロボットでALSの未来を変える世界初BRAIN ROBOT STORE

 この実験は、脳波ツール開発の「電通サイエンスジャム」、分身ロボットを開発した「オリィ研究所」、そして武藤将胤さんが代表を務める「WITH ALS」がタッグを組み、クラウドファンディングによる支援金で実現します。

 今、どこかで TLS(完全閉じ込め状態)の恐怖と向き合っている誰かに「明日も生きよう」と思える希望を、その人を支えている誰かに「心配しないでね」と言える勇気を、どうか少しだけアナタの力をお貸しください。

イカスミカフェ店長

GoodMorning(CAMPFIRE)
おすすめの記事
裏取りという戦術
裏取りという戦術
 裏取りには肯定派と否定派がいて、両派閥が同じチームにマッチングされる不幸が起こると、上手く連携が取れないことがあります。どっち派のイカさんが来ても対応できるようにしておくと、ほんの少しだけ勝率が上がるかもしれません。 ❶そもそも裏取りってなーに?  裏取りの「裏」ってどこなんでしょう?  敵陣の奥深く?裏ルートを選択...
ガチヤグラの3つの役割
ガチヤグラの3つの役割
 ガチヤグラには「ソイヤ」「ワッショイ」「ラッセーラ」という3つの役割があり、「今どの役割を担当するべきか?」を素早く判断できると勝率が上がります。  一つ一つの役割はとてもシンプルなので、プラベやリグマで練習すればすぐにマスターできると思います。  また、ガチヤグラは、他のどのルールよりも「努力が報われるルール」だと...
味方が困る三大イクラマン
味方が困る三大イクラマン
 サーモンランは4人チームで仕事をするアルバイトなので、いつもフレンドさんと出勤できるイカさんはとても幸せです。そして、いつも1人で勤務しているイカさんは、いつかフレンドさんが出来たときにきっと頼りになる存在になっていると思います。  なぜなら、野良バイトには「三大イクラマン」が出没してアナタを困らせ、そして鍛えてくれ...
トランジション(攻守の切替)
トランジション(攻守の切替)
 ここまではずっと都合よく、「自軍がホコを担いでいる状況」を前提にお話して来ましたが、実際のバトルでは「敵軍がホコを担いでいる状況」もあるので、ガチホコ篇の最後は、攻撃と守備と冷静と情熱のあいだ「トランジション(攻守の切替)」で締めくくりたいと思います。 ❶トランジションってなーに?  「トランジション」という言葉は、...