宇宙兄弟とコラボ×寝たきりでも働ける『分身ロボットカフェ』

※アイキャッチ画像|出典:宇宙兄弟 Official Web ©小山宙哉/講談社

 三度の飯よりロボが好き、合体ロボは男のロマン、生まれ変わったらガンダムになりたい店長ですこんばんは。

【ALS】『世界ALSデー in Nagoya「みんなでゴロンしよう!」2019』でゴロンしてみた。で紹介させて頂いたロボット「OriHime(オリヒメ)」のでっかいやつ、「OriHime-D(オリヒメディー)」と「遠隔操縦パイロットさん」が接客してくれる『分身ロボットカフェ』がオープンします。

なにその未来カフェ

 ALSなど重度の障害により「体を動かすことが出来ない人」や、様々な事情で外出が困難になり「その場所へ行けない人」が、『ロボットを操縦してカフェの店員さんとして働く』期間限定のカフェなのです。

「OriHime-D」ってなーに?

OriHime-D|オリィ研究所

 身長:120cm、体重:リンゴ(約)67コ分のロボットが「OriHime-D」です。

 OriHime-D は、インターネット経由で遠隔操作できるロボットで、額に装備したカメラの映像が離れた場所にいるパイロットの端末に表示され、マイクやスピーカーを使って音声通話ができます。

 また、前進後退・旋回という機動力を持ち、上半身には14個もの関節用モーターを内蔵していて、これにより簡単なモノをつかんだり運んだり、カツラ疑惑のあの人の髪の毛をうっかり引っ張ったりできるのです。

 つい最近まで人型ロボといえば、

 こんなのしかいなかったのに、科学の進歩は日進月歩なのです。

「分身ロボットカフェ」ってなーに?

 OriHime-D を作った「人類の孤独の解消」を目指す「オリィ研究所」によるプロジェクトが『分身ロボットカフェ DAWN ver.β 2.0』です。

 身体が不自由だったり、外出が困難だったりする人が『分身ロボット』である OriHime-D とシンクロし、カフェの店員さんとして接客したり、会話したり、ラジバンダリ。

『身体を動かすことができない人でも働けるということを当事者に。動けないが働きたいと思う人がいるということを世間に知っていただきたい』

 というコンセプトのもと、「重度の障害」を持つ人や「引きこもり」などの人たちが『遠隔操作で実際に分身ロボットを動かしカフェを運営』するというプロジェクトなのです。

「分身ロボットカフェ」は、今回で2回目の開催なのですが、なんと初回は、アニメ業界をザワつかせた吉浦康裕監督のブレイク作、『イヴの時間』とのコラボ開催だったそうなのです。

 マジか…行きたかった…。

 劇中のカフェ「イヴの時間」を再現した店内で、あの「イヴレンド」が飲めたようです。

 マジか…飲みたかった…。そして『イカなのー!』っていいたかった…。

 でも、大丈夫!今回は「宇宙兄弟」とのコラボなんです。今度こそ行くしかないでしょう!

いつどこで開催するの?

開催日時・場所
  • 日時
    • 2019年10月7日(月)- 2019年10月23日(水)
  • 会場
    • 3×3 Lab Future (さんさんらぼ フューチャー)サロン内 特設スペース「分身ロボットカフェDAWN ver.β 2.0」
  • 住所
    • 東京都千代田区大手町1-1-2大手門タワー・JXビル1F

 なるほど、来月ならスケジュールを調整できますし場所もチェックしました、あとはチケットです!OK、今確認したところチケットは完売でした♪

うそだろ…?

「分身ロボットカフェ」の常設を応援できます

「分身ロボットカフェ」は、東京が注目を集める2020年(オリンピッック・パラリンピック開催年)をひとつの目標としていて、常設店としての開店を目指しています。

 もし、これが実現できたら、世界中の「身体が不自由な人」や「外出が困難な人」が、こんなに優しい人達のいる世界と関われるチャンスを得られるのです。

「ここはね、みんなの心ひとつで成り立つお店。私は、見届けたいだけ。この輪がどこまで広がっていけるのか」

アニメ「イヴの時間」|#06 MASAKI イヴの絆

 どうか、アナタの力を少しだけお貸しください。

※このプロジェクトは、2019-08-27に募集を開始し、554人の支援により10,405,500円の資金を集め、2019-09-27に募集を終了しました。

おすすめの記事