現在、新しいシステムに対応する為のメンテナンスと記事の編集を行っています。タチマワリ(ガチアサリ篇のみ)、サーモンラン、カウンターはレイアウトが崩れていて読みにくい箇所があるかもしれません、ご不便とご迷惑をおかけして申し訳ございません。

いかがわしい店長

NO IMAGE

がんばれカトルくん
業務日報編【第3話】

マヨネーズ

業務日報:8月6日(日)はれ 
担当:カトル 

 ボンジュール、ママ。早いもので、この街に引っ越して1か月が経ちました。都会はすごいです、毎月イベントがあります。今月もお祭りがあったし、隣町のスーパーは毎月20日と30日は5%OFFです。今月のお祭りは【マヨ vs ケチャ】だったので、ボクは【マヨ派】でお祭りに参加しました。この1か月間は、お店が終わるとスミス店長がトレーニングをしてくれたので、今回はいっぱい勝てて楽しかったです。トレーニングの時、スミス店長に、メインブキの練習に飽きたのでスペシャルを教えて欲しいとお願いしたら、「スペシャルはまた今度ね」って言います。そして、ボクのトレーニングが終わると「ちょっと寄るところがあるので先に帰ってて下さい」と何処かへ行ってしまい、夜中に疲れて帰ってきます。でも僕は知っています、スミス店長はいかがわしいお店にハマってしまったのです。それもかなりハードな内容のお店なんだと思います。ここは何も言わず知らないフリを通すのが弟子の作法というものでしょう。 

スミス「ねぇ、カトルくん」

カトル「はい、エロ店長」

スミス「店長、いかがわしいお店なんて行ってませんし、知らないフリも出来てない」

カトル「じゃー夜中に『酔った・・・気持ち悪い・・・』って帰って来たのはどーしてですか?」

スミス「それはジェットパックの練習をした日ですね」

カトル「じゃー夜中に『すごい勢いで・・・出た・・・』って帰って来たのはどーしてですか?」

スミス「それはハイパープレッサーの練習をした日ですね」

カトル「じゃー夜中に『一回であんなにいっぱい・・・』って帰って来たのはどーしてですか?」

スミス「そういうのどこで覚えるの?マルチミサイルの練習をした日ですね」

カトル「・・・店長、ボクの為にコソ練してくれていたんですね」

スミス「なかなか楽しかったですよ。次回からスペシャルも使って練習してみましょう。ところで、先日のフェスは調子が良かったみたいですね、マヨ派の勝利だったみたいですし」

カトル「はい。店長のトレーニングのおかげで、いっぱいキルが取れたし、いっぱい勝てて楽しかったです♪」

スミス「そうですか、それは良かった。でもナワバリルールは相手より沢山塗る事が一番の目的ですから、塗るのも忘れてはいけないと店長は思いますよ」

カトル「えー。でも、味方が塗ってくれるし、闘う方が楽しいです」

スミス「そうですね。楽しくないと意味がないですから、今はそれで良いことにしましょう」

カトル「あ、そういえば『今日は〇〇ちゃんいなかったなぁ』って帰って来たのはどーしてですか?」

スミス「あぁ、スペシャルが上手な女の子に教えてもらってたんですよ」

カトル「えっ」

スミス「えっ」

>