開幕でしばらく固まったフリして不安にさせてやるリスト

NO IMAGE

がんばれカトルくん
業務日報編【第4話】

ポテトvsナゲット

業務日報:9月11日(月)くもり 
担当:カトル 

■AM9:00-10:00 
 店内清掃、焙煎作業、ランチサラダ準備・・・準?しゅんしゅんしゅん 
※豆の発注お願いします 

■AM10:30-11:00 
 ランチの告知内容「旬の野菜の・・・旬?しゅんしゅんしゅん」 

■AM11:00 
 開店・・・回転?しゅんしゅんしゅん 

■PM12:00 
 ピークタイム 忙しくて一瞬しか眠れなかった・・・一瞬?しゅんしゅんしゅん 

■PM15:00 
 ランチ終了 
 ランチの告知ボードをしまう「旬の野菜の・・・旬?しゅんしゅんしゅん」へんなメニュー・・・しゅんしゅんしゅん 

■PM17:00 
 閉店 清掃、売上金整理 
※お客様の忘れ物:傘、帽子、本「杜子春」・・・とししゅんしゅんしゅん 

しゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんあんぱんあんぱんあんぱんあんぱんあんぱん

スミス「えっ、なにこれ怖い。途中からあんぱん」

カトル「しゅんしゅんしゅん」

スミス「ねぇカトルくん」

カトル「しゅん?」

スミス「朝からずっとそんな感じですけど、どうしたんですか?」

カトル「・・・しゅん」

スミス「えっ、しゅんは万能じゃないですよ、もう限界です」

カトル「ボク・・・昨日のお祭りで・・・ボコボコに負けたんです」

スミス「そうだったんですね、ポテトチーム負けちゃったんですね、でも、フェスはまた来月もありますから元気を出してください」

カトル「お祭りの結果もそうなんですけど、すごく強い奴がいたんです、そいつがしゅんしゅんして、全然インクが当たらなくて」

スミス「しゅんしゅん・・・あぁ、マニューバーって言うんでしたっけ、両手持ちの新しいブキですね」

カトル「しっかり塗り固めてから攻撃しても、しゅんしゅん。スーパーチャクチしても、しゅんしゅん。しゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅん・・・」

スミス「なるほど、ひどいトラウマになっていますね、そんなに強かったら有名なイカさんかもしれません。名前は覚えていますか?」

カトル「はい、【味方に来たら開幕でしばらく固まったフリして不安にさせてやるリスト】に追加したので覚えてます。ネグロって名前です」

スミス「えっ、なにその陰湿なリスト。すぐにやめなさい」

カトル「あいつ、試合が終わった後、ボクに話しかけてきたんです『最後まで諦めなかったのはお前だけだったな』って」

スミス「敵だった相手をリスペクトする精神、いいライバルが出来ましたね。それで、カトルくんはどう答えたんですか?」

カトル「あ、【味方に来たら開幕でしばらく固まったフリして不安にさせてやるリスト】に入力してたので『うんうんうんうんうん』って言っときました」

スミス「あとでそのリスト没収します」

カトルとネグロ
>