さようならカトルくん

NO IMAGE

がんばれカトルくん
業務日報編【最終話】

さようならカトルくん

業務日報:1月16日(火) 曇りのち晴れ
担当:店長

■スミマメーン本舗さん
・珈琲豆(ブレンド用):発注

■ネリネラネルネ布工業さん
・ネルフィルター(交換用):発注

■アルバイト面接
【名前】アフロくん
【性別】♂(オクタリアン)
【年齢】14才
【特技】
・スマホゲームプログラミング
・チェス
【志望動機】家から近いっス

◎採用(明日から)

スミス「さようなら・・・カトルくん」 

カトル「えっ」

スミス「えっ」 

カトル「ボク、まだお店の掃除中ですよ?」

スミス「あ、そうだったんですね。いつもより念入りに掃除してどうしたんですか」 

カトル「今日が最後だから・・・今までサボった分、キレイにしようと思ったんです」

スミス「えっ」

カトル「えっ」

スミス「カトルくん、今日が最後なんですか?」

カトル「明日から新しいアルバイトが来るんですよね?」

スミス「えぇ、まぁ」

カトル「そしたら、もう、ボクが掃除しなくてもよくなるじゃないですか」

スミス「えっ」

カトル「えっ」

スミス「新しいアルバイトの子にやらせるってこと?」

カトル「はい。他にも、先輩ヅラしてアレコレ命令したり、ボクの仕事論を押し付けたり、常連さんと仲良くしてるのを見せ付けたりします」

スミス「最悪な先輩ですね。絶対ダメですよ。一緒に仲良く掃除してください」

カトル「えっ、じゃぁ、今日はもう掃除やめます」

スミス「えっ、でも、いつもよりキレイだからいいです」

カトル「そういえば、お客さんが話してたんですけど、鎌倉の大仏と、奈良の大仏はどっちが大きいかって。どっちなんですか?」

スミス「カトルくんはどっちだと思いますか?」

カトル「うーん・・・奈良?」

スミス「さようならですカトルくん」

カトル「えっ」

スミス「さよう、奈良ですカトルくん」

カトル「あ、奈良なんですね。ビックリした」

スミス「じゃあ、台座はどっちが大きいか知ってますか?」

カトル「大仏が座ってる台のことですよね。うーん・・・奈良?」

スミス「さようならですカトルくん」

カトル「えっ」

スミス「さよう、奈良ですカトルくん」

カトル「あ、よかった、ビックリした。普段、左様(さよう)とか言わないのに」

スミス「じゃあ、大仏殿があるのはどっちか知ってますか?」

カトル「店長、これ、いつまでやるんですか?奈良です」

スミス「さようならですカトルくん」

カトル「なにこれ怖い」

スミス「さよう、奈良ですカトルくん」

カトル「もういいでしょ、店長、これ、たぶん何かのハラスメントですよ?」

スミス「そうです。カトルくんも『先輩』という優位性を利用して精神的苦痛を与えたり、威張ってはダメですよ?因みに、これはハラスメントではなく『ナラスメント』です。なんちゃって♪」

カトル「・・・帰ってもいいですか?」

応援ありがとうございました!

カトルくん達はこれからも

みんなの心の中で・・・

あっ・・・

二期決定
>