ソイチューバー

がんばれカトルくん
お客様ノート編【プロローグ】

『お客様ノート』

 本日はイカスミカフェにご来店ありがとうございます。

当店へのご意見・ご感想等があればお聞かせくださいませ♪

(個人情報や他のお客様が不快に感じる内容はお控えください)

イカスミカフェ店長

Sponsored Link

漫才コンビ「ミルクキッズ 」

 パオ「なるほど、カウンターにお客様ノートを置いたんですね、こんなんなんぼあっても良いですからね」

カトル「ボクのお母さんがね、好きなブキがあるみたいなんですけど」

 パオ「そうなんや、急にどないしたん?」

カトル「その名前を忘れちゃったらしいんですよ」

 パオ「好きなブキの名前を忘れるってどうなってんねん」

カトル「いろいろ聞いてみたんですけどね、全然わからないんです」

 パオ「ほなウチがオカンの好きなブキ一緒に考えてあげるから、どんな特徴言うてたか教えてみてよー」

カトル「白いチューブに、赤いキュポキュポが付いてて、石油ポンプみたいな形してるって言ってました」

 パオ「ソイチューバーやないかい」

カトル「!」

 パオ「その特徴はもう完全にソイチューバーやんか、すぐわかったわこんなもん」

カトル「ボクもソイチューバーかと思ったんですけどね、お母さんが言うには、ウデマエメーターにヒビ3本入った昇格戦もそのブキでいいって言うんですよ」

 パオ「ほなソイチューバーと違うかー」

カトル「?」

 パオ「ウデマエメーターにヒビ3本入っててソイチューバーでええわけないもんね、ソイチューバーはな?気持ちに余裕があるから担いでいけるねん、ソイチューバーの側もね?昇格がかかったバトルに任命されたら荷が重いよ?ソイチューバーってそういうもんやから、ほなソイチューバーちゃうがなそれ、もうちょっと詳しく教えてくれるー?」

カトル「なんであんなに敵が自分にだけ突っ込んでくるのかわからないらしいです」

 パオ「ソイチューバーやないかい」

カトル「!」

 パオ「ソイチューバーめちゃくちゃなめられるんやから、でもウチはね、あれは突っ込んくる方も、ソイチューバー担いでボロクソに負けた悲しい過去があるからやと睨んでんねん、ウチはなんでもお見通しやから、ソイチューバーやそんなもんは」

カトル「でも、わからないんです」

 パオ「何がわかれへんのよ」

カトル「ボクもソイチューバーかと思たんですけどね、お母さんが言うには、サーモンランで支給されるブキがずっとそれでも全然いいって言うんです」

 パオ「ほなソイチューバーと違うかー」

カトル「?」

 パオ「サーモンランのブキがずっとソイチューバーやったら誰もバイトせえへんからね?みんな交換所にボム投げて帰るからね?ソイチューバーはな、たまに順番が回ってくるから我慢できるねん、あんなもん毎回支給されたら頭おかしなるよ?みんなストレスでチューブのギザギザのとこ噛むからそのうち穴だらけのやつ回ってくるよ?なにそれ気持ち悪い、そういうカラクリやから、ほなソイチューバーちゃうがな、もうちょっとなんか言ってなかったー?」

カトル「追加された頃はなぜかみんな期待してたらしいです」

 パオ「ソイチューバーやがな」

カトル「!」

 パオ「ソイチューバーと阪神のトニー・タラスコにはみんな期待してたんや、あとエキスポシティのニフレルにも期待してたわ、言うてるほど触れられへんやんけ、ソイチューバーやそんなもん」

カトル「でも、わからないんです」

 パオ「なんでわからへんのよそれで」

カトル「ボクもソイチューバーかと思ったんですけどね、お母さんが言うには、試し打ち場でエイムの練習する時に使うらしいです」

 パオ「ほなソイチューバー違うかー」

カトル「?」

 パオ「ちゃんと練習するような真面目な人はソイチューバーなんか使わへんのよ?ソイチューバーはな?『負けたらブキのせいにできる』っていう言い訳と『このブキで勝ったらモテる』っていう煩悩の塊や、あれはみんな煩悩をチャージキープしとんねん、ほなソイチューバーちゃうがな、もうちょっとなんか言ってなかったー?」

カトル「敵より味方に煽られるって言ってました」

 パオ「ソイチューバーや!」

カトル「!」

 パオ「ソイチューバーめちゃくちゃ嫌われてるんやから!タチウオのガチエリアに担いで行ってみ?1回もビーコン使わせて貰えへんよ?ソイチューバーやん絶対!」

カトル「でも、わからないんです」

 パオ「なんでわからへんのよこれで!」

カトル「お母さんが言うには、ジャンルでいうならフレンチって言うんです」

 パオ「ほなソイチューバーちゃうやないかい!」

カトル「?」

 パオ「ジャンルまったくわからんけどフレンチだけではない!ソイって醤油やん!ほなソイチューバーちゃうやん!もうちょっとなんか言ってなかったー!?」

カトル「使ってるときに誰に感謝したらいいのか分からないらしいです」

パオ「ソイチューバーやないかい!」

カトル「!」

 パオ「ソイチューバーは設計者さんの顔が浮かばへんねん!浮かんでくるのは『ぜひ一度手に取って可愛がってみて欲しいでし!』ゆーてるカブトガニの顔だけ!よう喋るカブトガニの顔だけ!ソイチューバーにきまりでし!」

カトル「わからないんです」

 パオ「わからへんことない!オカンの好きなブキはソイチューバーでし!」

カトル「お母さんが言うには、ソイチューバーでは無いって言ってました」

 パオ「ほなソイチューバーちゃうやないかい!」

カトル「そうなんです」

 パオ「先言えよ!ウチがブキチくんの真似してるときどう思ってたん!?」

カトル「あんまり似てないなと思いました」

 パオ「なんやこいつ腹立つなー!でもほんまに分からへんがな、それどうなってんねん」

カトル「店長が言うには、キャンピングシェルターじゃないかって」

 パオ「いや絶対ちゃうやろ!もうええわ!」

カトルパオ「どうもぉ〜ありがとうございましたぁ〜♪」

0123456789 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ もくじ
0123456789 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ もくじ

イカスミカフェロゴ
MAIN MENU