GANBARE CUTTLE KUN

がんばれカトルくん

 ここはハイカラシティとハイカラスクエアのちょうど真ん中、どちらの駅にも少し遠くて、売れてないのにツブれない不思議なふとん屋と時計屋があって、でも家賃はとってもリーズナブル♪そんな場所にある小さなカフェでございます。

店長
あぁ、これは失礼しました、申し遅れましたが、私、店長のスミスと申します。
カトル熟睡
Zzz…
店長
この子はアルバイトのカトルと申します。注文が入るときと休憩のときはちゃんと起きるのでご安心ください。
カトル熟睡
もう食べられないよ…Zzz…
店長
さぁ、空いているお席へどーぞ、ごゆっくりおくつろぎ下さいませ♪

業務日報篇

第1話

「前夜祭」

第2話

「はじめてのフェス」

第3話

「いかがわしい店長」

第4話

「開幕でしばらく固まったフリして不安にさせてやるノート」

第5話

「瞬発力 vs 持久力」

第6話

「漆黒の侵入者」

第7話

「コールスローサラダ」

お客様ノート編

第0話

「ソイチューバー」

第0.5話

「ヨーグルトの話」

第0話

「ちいさい秋みつけた」

TOPへ戻る