チックレートってなーに?

ラグの対策【基本編❺】

※チックレート【Tick Rate】:サーバーやクライアント側で「1秒間に行う処理の回数」って程の意味。

【Tick】とは、英語圏で時計の秒針の音を表す文化「ティクティク」とか「ティクトク」が語源なので、正しくは『ティックレート』って言います。

 なので、時計の秒針の音を「チクタク」と表現する日本人のほとんどが『チックレート』って言いますし、かなり高い確率で平井堅はチックレート派だと思います。

 ゲームに限らず、株式や為替、音楽(DTM)でも「最小単位」を表す時に使われる、とっても便利な言葉なのです。


Sponsored Link

チックレートは高い方がいい

 オンラインゲームでのチックレートの単位は「Hz(ヘルツ)」で、チックレートが30Hzなら「1秒間に30回の処理」、チックレートが60Hzなら「1秒間に60回の処理」をサーバーやクライアント側で行うという意味になります。

 ( ˘ω˘ ) スヤァ… 

 晩酌中のパパさん数名がバタピーを落としそうになったのでザックリいきましょう。

 例えば、1秒間に60個のメロンパンを作る機械があったとして、60個全部の品質をチェックするなら60Hz、半分だけチェックするなら30Hzというイメージ。

 スプラトゥーンで例えると、マッチングで集まった8人の現在地や行動、ヤグラやホコの移動等、ゲームの進行に必要な情報の処理を1秒間に何回するかを表すのがチックレートなので、つまり、この値が大きい程「同期ズレ」は起こりにくくなります。

 イギリスのソフトウェアエンジニア Oliver Brammer(Octobyte)氏の記事(※)によると、スプラトゥーン(無印)のチックレートは25Hz、スプラトゥーン2のチックレートは16Hzだそうです。公式の情報ではないので参考までにして頂きたいのですが、たぶん、きっと、おそらく、そんな感じです。

※Oliver Brammer(Octobyto)氏の記事は消滅してしまいました。しかし、ゲーム好きの鳩”YON”さんが、とても丁寧に日本語に訳されている記事が残っていたので、リンクを貼らせて頂きます。YONさんはチックレートについてもgifアニメを使って、とても分かり易く解説されています。YONの土鳩ブログ

 少し前に話題になった「チックショット(傘を開いたまま攻撃する技)」もこの低チックレートを利用する技でした。(ver.1.4.1のアップデートで修正済)

 多くのプロゲーマーがプレイするその他のFPS/TPSのタイトルが、30Hzや60Hzで処理されている事に比べると、スプラトゥーン2のチックレートは低すぎるのですが、これはスプラトゥーンの同期が、専用サーバーを使った「サーバー集中処理型」ではなく、マッチングされたプレイヤーのSWITCH同士が、それぞれに直接通信を行う「P2P通信型」なので、処理能力をSWITCH本体のスペックと、ユーザーの通信環境の質に委ねている為なのです。

Switchの通信

 通常 4vs4 のガチマのP2P通信を 2vs2 に簡略化した図です。マッチングサーバーから選ばれたホストプレイヤーのSWITCHは、ゲームの主軸となるプログラムの同期を担当します。(赤い矢印)

 この為、ホストプレイヤーの回線がラグいと、ホコやアサリに触れてから獲得までに時間がかかったり、ヤグラに乗ってから動き出すまでに時間がかかったり、スポンジやインクレールの状態変化に時間がかかったり等々、全員がリアルタイムで共有すべき情報が全体的にラグくなります。

 イカ単体の行動はそれぞれのSWITCHが同期します。(黒い矢印)ここでもマッチアップしたプレイヤーの回線がラグいと、情報が遅れて届くので画面上の位置と実際の位置がズレたりします。

 視覚的に「ラグい」とわかる状態は強ラグなのでPING値は100以上。ホストに最も負荷がかかるアサリルールで、アサリの取得にタイムラグが出るような場合、数分後にホストとの接続が切れたりバグったりします。すると・・・

つうしん切断回数

 ホストとの接続が切れてロビーに放り出された場合も、切断回数はカウントされるので、以降のガチマのマッチングに影響がでます。(故意に切断するイカさんや、ラグい回線のイカさんとマッチングされやすくなる)

 微ラグ持ちやラグ持ちだったイカさんが、今後「ラグの対策~初級編~」から「ラグの対策~上級編~」を参考にラグの少ない環境を手に入れると、ただそれだけでガチマでの勝率は上がります。単純に『時間的遅延で起こっていた不利』が少なくなるからですね。

 もともとのラグが酷かったイカさんは「自分の動きが速くなった」と感じるかもしれませんし、微ラグ持ちだったイカさんは「いつもは逃げ切れずにデスしていた場面を回避出来るようになった」と驚くかもしれません。

 個人的にラグについてサポートしたイカさんで一番多い感想は「エイムが合うようになった」です。ラグ恐るべしなのです。

 しかし、喜びも束の間、ガチマでウデマエを上げれば上げる程、ラグの少ないイカさんとマッチングされるので、最終的にはラグが少ない事が一方的に有利になる時代は終わります。マッチングされた全員のラグが少なければ「ホストプレイヤー※」以外は同じ条件でのバトルになるからですね。

※ホストプレイヤーの時間軸を基準に同期するので、他の7人よりもホストプレイヤーは若干有利になります。

 そしてラグの少ない環境でのガチマが日常になった頃、次に起こる問題がこの「チックレートが低くてツライ件」なのです。

 どんなに回線環境を整えても、ゲームの仕様である低チックレートだけはどうしようもありません。たとえPING値1~2のローカル接続の公式大会でも同期ズレは起こり得るのですから現時点では諦めましょう。

 ただ、我らが任天堂は、多くの若者に「まだ日本では将来性が不確かなプロゲーマーへの道」を決断させたスプラトゥーンというタイトルへの可能性と責任を背負って立ってくれると思うので、きっと「e-Sports仕様」と言える、High Tick Rate サーバー(30Hzを超える処理ができる専用サーバー※)を設置してくれると信じていますし、その為にもイカスミカフェは一般ユーザーの通信環境への意識向上を応援します。

※現在の技術では144Hzまでの専用サーバーの設置が可能(2018年11月現在)

 今回で「ラグの対策【基本編】」は終わりです。次回の「ラグの対策【初級編】」から具体的な対策方法を解説していきますので、ガチマでウデマエ昇格を目指しているイカさんや、定期的にプラベを開催される人気イカの皆さんに参考にして頂いて、仲良しのフレンドさんと情報を共有して頂ければ幸いです。

0123456789 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ もくじ
0123456789 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ もくじ

CHAPTER 1
ラグの対策【準備編】

まずは回線をチェックしましょう

  1. はじめに
  2. Nintendo Switch の回線速度テスト
  3. Ping値の測定

CHAPTER 2
ラグの対策【基本編】

今さら聞けないラグの基本

  1. ラグいと起きる10のコト
  2. そもそもラグってなーに?
  3. じゃぁ同期ズレってなーに?
  4. ラグい方が有利じゃないの?
  5. チックレートってなーに?

CHAPTER 3
ラグの対策【初級編】

今すぐ出来るラグの対策

  1. ラグの原因になる10のポイント
  2. ルーターの再起動
  3. タコ足配線もラグの原因です
  4. テレビの設定
  5. Switch本体の設定
  6. ラグの多い時間帯

CHAPTER 4
ラグの対策【中級編】

ゲーマーのラグ対策

  1. 中級編のはじめに
  2. LANケーブルを替える
  3. LANアダプタを替える
  4. ゲーミングルーターを使う
  5. ゲーミングモニターを使う
  6. ゲーミングヘッドセットを使う
  7. 【v6プラス】についての注意
  8. 回線業者とプロバイダーを替える

CHAPTER 5
ラグの対策【上級編】

ガチ勢のラグ対策

  1. Nintendo Switch を
    NATタイプAにする方法❶
    【NATタイプAってなーに?】
  2. Nintendo Switch を
    NATタイプAにする方法❷
    【IPアドレスの固定】
  3. Nintendo Switch を
    NATタイプAにする方法❸
    【ポートの開放】
  4. フレッツ光のHGW(ホームゲートウェイ)に
    他社ルーターを接続する方法
  5.  
  6. v6プラスで Nintendo Switch をNATタイプAにする方法はない
イカスミカフェロゴ
MAIN MENU