ラグの原因になる10のポイント

ラグの対策【初級編❶】

ラグの原因になる10のポイント

 ラグを改善したいと思っている人が「Wi-Fi接続でオンラインゲームをしている訳がない」と信じているので、『光回線』+『有線LAN接続』でプレイしている事を前提に話を進めます。

 まず「オンラインゲームのラグの原因になるポイント」を見てみましょう。


Sponsored Link

❶インターネット

1インターネット

 ゲームホストや対戦相手の通信環境によるラグは残念ながら対策する方法がありません。

【初級編】ラグの多い時間帯

❷プロバイダー

2プロバイダー

 インターネットへの出入り口はプロバイダーなので、最終的なPing値はアナタが契約しているプロバイダーの「設備やシステムの品質」に左右されます。

 例えば、自分で出来るラグ対策をすべて行って、自宅設備のPing値を「5ms」まで下げたとしても、プロバイダー側の設備で「45ms」のラグが発生すれば、50msのラグを抱えて通信が行われるのです。

 これは、100万円の高級オーディオ機器を買ったのに、100円のイヤホンで音楽を聴く事に似ています。音楽マニアが品質の良いスピーカーを使うように、ゲーマーは品質の良いプロバイダーを使うのです。

 しかし、住んでいる地域や建物の構造によってベストなプロバイダーは違いますし、家族の同意を得るべき種類の話なので、簡単に「ここが良いですよ」とは言えません。出来る範囲の対策を全部試しても改善が無かった場合に、プロバイダーの変更を検討してみましょう。

【中級編】【v6プラス】についての注意
【中級編】回線業者とプロバイダーを替える

❸回線業者

3回線業者

 インターネットの通信を行う「物理的な線」を提供しているのが回線業者です。殆どのプロバイダーがNTTの回線を利用していますが、2001年にNTTに対する「未使用の光回線の解放」が義務付けられてから自社回線を持つプロバイダーも増えてきました。

 しかし、プロバイダーと同様に住んでいる地域や建物の構造によってベストな回線業者は違いますし、フレッツ光以外の光回線を利用できる地域はまだ限られています。他の対策をすべてやっても改善が無い場合に検討しましょう。

【中級編】【v6プラス】についての注意
【中級編】回線業者とプロバイダーを替える

❹住んでる場所(距離)

4住んでる場所

 各プロバイダーの接続点が東京に集中している為、東京からの距離に比例してラグは増えます。この点だけは沖縄や北海道に住んでいるイカさんは最も不利な条件であると言えます。

※光信号の遅延は【1km = 5μs(マイクロ秒)】なので、1000km = 5ms の遅延。Ping値は往復で計算するので、東京から約500km離れた大阪で【5ms以上】、1000km離れている沖縄や北海道で【10ms以上】の遅延を「必ず抱える」ことになります。出来る限りの対策をしてラグを最小に押さえましょう。

 距離だけで見ると東京が最高の環境と言えるのですが、ゲームで勝つ為だけに引っ越すなんて正気の沙汰ではないので、他の対策でPing値を下げましょう。

「一年中土の上で・・・グラウンドでサッカーができる奴に負けてたまるか!」by 松山光

 大丈夫、なんとかなります。

❺ONU

※Optical Network Unit

5ONU

 家の外から来る【光信号】を、家の中にある端末(PC、ゲーム機、スマホ)が認識できる【デジタル信号】に変換する機械です。この機械は回線業者が設置するので、自分で別の製品を買って取り替える事は出来ません。再起動等で通信不調が改善する場合があります。

【初級編】ルーター・ONUの再起動

❻ルーター

6ルーター

 ONUだけでもインターネットへの接続は可能ですが、ONUには1台の端末しか接続できません(ルーター機能がついているONUもあります)。そこで、パソコンやゲーム機、スマホやタブレット等、複数の端末を同時に使えるようにしてくれるのがルーターです。

 ルーターはプロバイダーからレンタルできますが、ゲーム専用のゲーミングルーターを使用することでよりラグが少なくなります。

【初級編】ルーター・ONUの再起動
【中級編】ゲーミングルーターを使う

❼LANケーブル

7LANケーブル

「ONU」→「ルーター」→「ゲーム機」等を接続する配線ケーブル。形状やカテゴリー、使用する長さがPing値に影響します。オンラインゲームの生命線とも言える「かなり重要な設備」なのに、安価ゆえに「どれでも同じだお」と疎かにされがち。プロゲーマーやガチ勢はLANケーブルにもこだわります。LANケーブルは安いので、インターネット契約時に業者が設置したまま使っている人は、家電量販店に行きましょう。また、Wii専用のLANアダプタをSwitchで使用するのもラグの原因になります。合わせて対策しましょう。

【中級編】LANケーブルを替える
【中級編】LANアダプタを替える

❽本体の設定

8本体の設定

 Switch本体の設定を変更して回線速度やPing値を安定させたり、ルーターの設定と合わせてオンラインゲームに最も適した通信環境を作る事が出来ます。

【初級編】Switch本体の設定

❾TV・モニター

9TV・モニター

 テレビには「表示遅延(入力遅延)」と「応答速度」という2つのラグがあります。テレビの設定を変更して表示遅延を改善する方法と、より遅延の少ないテレビやゲーミングモニターを導入する方法があります。

【初級編】テレビの設定
【中級編】ゲーミングモニターを使う

❿イカの中の人(なかのひと)

10中の人

 プレイヤー自身の反射神経や状況判断の速度も、根本的な遅延のひとつと言えます。周辺視野のトレーニング方法や、反射神経のトレーニング方法を解説します。(番外編)

根気よく、ひとつづつ

 このように、ラグの原因になるポイントは多岐に渡ります。もうすでに対策済みのポイントがあるかもしれませんが、イカスミカフェの【ラグの対策】は簡単なモノから順番に記事にしてありますので、根気よく、ひとつづつ、ラグの原因を潰していって下さい。

 イカスミカフェは本気のアナタを応援しています。

0123456789 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ もくじ
0123456789 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ もくじ

CHAPTER 1
ラグの対策【準備編】

まずは回線をチェックしましょう

  1. はじめに
  2. Nintendo Switch の回線速度テスト
  3. Ping値の測定

CHAPTER 2
ラグの対策【基本編】

今さら聞けないラグの基本

  1. ラグいと起きる10のコト
  2. そもそもラグってなーに?
  3. じゃぁ同期ズレってなーに?
  4. ラグい方が有利じゃないの?
  5. チックレートってなーに?

CHAPTER 3
ラグの対策【初級編】

今すぐ出来るラグの対策

  1. ラグの原因になる10のポイント
  2. ルーターの再起動
  3. タコ足配線もラグの原因です
  4. テレビの設定
  5. Switch本体の設定
  6. ラグの多い時間帯

CHAPTER 4
ラグの対策【中級編】

ゲーマーのラグ対策

  1. 中級編のはじめに
  2. LANケーブルを替える
  3. LANアダプタを替える
  4. ゲーミングルーターを使う
  5. ゲーミングモニターを使う
  6. ゲーミングヘッドセットを使う
  7. 【v6プラス】についての注意
  8. 回線業者とプロバイダーを替える

CHAPTER 5
ラグの対策【上級編】

ガチ勢のラグ対策

  1. Nintendo Switch を
    NATタイプAにする方法❶
    【NATタイプAってなーに?】
  2. Nintendo Switch を
    NATタイプAにする方法❷
    【IPアドレスの固定】
  3. Nintendo Switch を
    NATタイプAにする方法❸
    【ポートの開放】
  4. フレッツ光のHGW(ホームゲートウェイ)に
    他社ルーターを接続する方法
  5.  
  6. v6プラスで Nintendo Switch をNATタイプAにする方法はない
イカスミカフェロゴ
MAIN MENU