CHAPTER 3-3

タコ足配線もラグの原因です

 意外に知られていないラグの原因のひとつに「タコ足配線」というものがあります。

 デジタルっぽいラグの対策に、アナログっぽいタコ足配線がどう影響しているのでしょうか。

電力不足の影響

 一般的なコンセントに流せる電流は「15A(アンペア)」までです。

 ちょっとくらいオーバーしてもコンセントさんは頑張りますが、一般的なブレーカーは20Aを超えると落ちます。

 さて、小学校の理科で習ったこの「A(アンペア)」ですが、あの頃の甘酸っぱい思い出と共に記憶をさかのぼりましょう。

電流(A)× 電圧(V)= 電力(W)

 日本の一般的なコンセントの電圧は(100V)なので、

15A × 100V = 1500W

 1つのコンセントで「1500W」までの電力供給が可能ということになります。

 よく、延長コードなんかに『合計1500Wまで』って書いてあるのも同じ理屈ですね…

( ˘ω˘ ) スヤァ… 

 甘酸っぱい思い出の方に意識が飛んでしまいそうなので、例によってザックリいきましょう。

 一般的なコンセントには差込口が二個ありますが、『合計1500Wまで』のルールは絶対なので、それぞれに1000Wのドライヤーを差して、同時にブォーンってやるとブレーカーが落ちます。

 でも、差してるだけなら大丈夫です。両方のドライヤーを「弱」で使ってもブレーカーは落ちないかもしれません(危ないので検証しないでください)。

 つまり、家電製品は使用状況によって消費電力が変化するということです。

 で、ここで、いきなりタコ足配線が登場。

 マルチタップ(いっぱい差せるやつ)に、合計1500W以上のアダプターを差してもブレーカーは落ちません。

 しかし、この中に一時的に消費電力が上がる家電製品※1が含まれていると、同じマルチタップに接続されている他の家電製品の動作が不安定になる事があります。

 家電製品には、その製品が「正しく動作する為に必要な電力」が決まっているからなのです。

※1 録画機能の付いているテレビなどは予約録画を開始した瞬間に、スマホの充電器などはスマホを接続した瞬間に、一時的に消費電力が上がる場合がある。

 Switchは「15.0V-2.6A」なので最大39W(15V×2.6A)の電力を必要とします。だから同じコンセントにSwitchを42台つなぐのは危険です。(そんな人いません)

「ルーター」や「ONU」も必要な電力が決まっているのですが、製品によって値が違うのでそれぞれ確認してみて下さい。(ONU+ルーターで20W前後かと思います)

 もし、タコ足配線にONUやルーターが含まれていて、必要な電力が足りなくなると「貧血状態」になり、動作が不安定になるのでラグの原因になり得ます。

 また、Switch本体がタコ足配線に含まれていて、必要な電力が足りなくなると冷却ファンの動作が不十分になったり、本体の処理能力が低下したりするので、同じくラグの原因になります。

 プロゲーマーやガチ勢が「オンラインゲーム機材」の電気周りに神経質になるのはこの為です。

ノイズの影響

 タコ足配線がラグに影響するもう一つの原因が「ノイズ」です。ノイズがWi-Fiの電波に影響する話は有名です。電子レンジをつかうと回線落ちしたり、動画が止まったりするアレです。

 でも、実は、有線LANも普通にノイズの影響を受けているのです。

 タコ足配線がノイズを発生させる事は、音楽のレコーディングでも問題になる話で、音楽関係の仕事をしている人はタコ足配線を親の仇のように思っています。

 具体的には録音機材をタコ足配線で使用したり、タコ足配線の近くで機材を使用すると、レコーディングした音声にノイズが乗るのです。

 また、フレッツ光等で「ひかり電話機能付きルーター」をタコ足配線で使用していると、通話中の音声にノイズが入ります。

 そして、このノイズはPing値にも大きく影響するので、LANケーブルを作っている会社はノイズの影響を受けないケーブルを開発する為に、日々研究を重ねているのです。

 にもかかわらず、ノイズの原因であるタコ足配線にルーターやONU本体を接続してしまうと、どんな高品質なLANケーブルを使っていても、ノイズの影響を受けやすくなってしまいます。

 ゾンビ映画に例えると、ゾンビウィルスの飛沫感染も防ぐ頑丈なヘルメットと、どんな攻撃も防ぐ防具を装備していたのに、「裸足だったから足噛まれちゃったwww」みたいな感じです。

 混雑する時間でもないのにラグを感じたり、回線落ちを繰り返すようであれば、ルーターやONUやSwitch本体が「タコ足配線の電源に組み込まれていないか確認」してみましょう。

 家具のレイアウトや、コンセントの位置の関係で完全には難しいかもしれませんが、ゲーム関係の機材の配線を見直して、充分な電力供給とノイズの軽減に取り組んでみて下さい。

TOPへ戻る