PICK UP !
就業前に確認する3つの事

❶装備とノルマの確認

 就業10秒前にコンテナ周辺や壁を塗って「就業準備」をすることは大切です。しかし、装備とノルマを確認することも大事な「就業準備」なので、WAVEごとに確認するクセをつけましょう。カウントダウンが始まったら、まずは「装備とノルマ(画像の1~3のポイント)」を素早く確認して下さい。

1.支給されたブキ

 支給されたブキによって業務内容(立ち回り)が変わるので必ずチェック。シューター系を支給されたら率先して壁を塗る、チャージャー系を支給されたら高台に移動して味方の位置を確認するなど、ブキごとの行動に移りましょう。

2.支給されたスベシャル

 サーモンランではスペシャルもランダムで支給されます。(WAVE1で支給されたスペシャルをWAVE3まで装備)「スーパーチャクチで打開しようと思ったらハイパープレッサーだった」なんてことのないように必ず確認するようにしましょう。

3.ノルマ

「たつじん」になるまではそれほど重要な情報ではありませんが、たつじん以降の業務では「たつじん上位勢」とのマッチングでノルマが跳ね上がることがあります。WAVE1だからといって金イクラをノンビリ運んでいると、終盤「ノルマが足りない」ことに気が付いて慌てることになりかねません。WAVEごとに確認するクセをつけましょう。

❷潮位の確認

 カウントダウン開始直後から画面下部に波のエフェクトが表示されます。このエフェクトの高低から素早く潮位を確認しましょう。潮位には「通常」「干潮」「満潮」の3つがあり、それぞれ立ち回りが変わるので、波のエフェクトを見逃さないようにしましょう。

1.通常

 腰の高さ辺りに波のエフェクトがかかります(プレイヤーの立ち位置で多少見え方が変わります)。通常業務ですから落ち着いて準備に取り掛かりましょう。

2.干潮

 くるぶし辺りに波のエフェクトがかかります(プレイヤーの立ち位置で多少見え方が変わります)。干潮時はコンテナの位置が移動するので、エフェクトを確認したら大急ぎで移動しましょう。通常業務をしているノンビリさんがいたら「カモン」で教えてあげて下さい。次の授業が音楽なのに、音楽室に移動するのを忘れて、友達が呼びにくるまで教室にいた経験のあるイカさんは特に注意が必要です。干潮時は足場が安定するので基本的に難易度は下がりますが、水際とコンテナの距離が離れるので常にノルマの進捗に注意しましょう。

3.満潮

 首の高さ辺りに波のエフェクトがかかります(プレイヤーの立ち位置で多少見え方が変わります)。満潮により足場が狭くなるので、3つの潮位の中で最も難易度が高いといえます。出現したオオモノシャケを素早く的確に処理していかないと打開不可能な状況に陥りやすいので「【創刊号❷】オオモノシャケのシバキ方」を参考に落ち着いて業務にあたってください。たつじん200を超えたあたりの危険度では、満潮時に「金イクラ運ぶマン」がいるとかなりの確率で失敗します。オオモノシャケを味方に押し付けないように心がけましょう。

❸日勤と夜勤の確認

 クマサン商会のシフトには「日勤」と「夜勤」がありますが選べません。「すいません~金曜は夜勤入れないですぅ~」って面接でちゃんといったのに丸無視なのです。

1.日勤

 通常の勤務時間です。情報確認(ブキ&スペシャル&ノルマ)と潮位に気を付けて業務にあたってください。

2.夜勤

 もっとも警戒しなければいけない勤務時間です。夜勤中は必ずイベントが発生するので、どのイベントが来ても対応できるように心の準備をしましょう。イベント毎の立ち回りについては【最終号❹】特殊イベントの戦術で解説します。

おすすめの記事
第2話「はじめてのフェス」業務日報編
第2話「はじめてのフェス」業務日報編
7月13日(日)くもり 担当:カトル  母上さま、お元気ですか?夕べ、タチウオパーキングで明るく光る星をひとつ見つけました。星は見つめます。母上のようにとても優しく…。私は星に話します「くじけませんよ、男の子です、寂しくなったら話にきますね、いつか、たぶん…」それではまたお便りします。 【追伸】昨日、やっぱり楽しそうだ...
オンラインゲーム向きの「回線業者」「プロバイダー」に乗り換える
オンラインゲーム向きの「回線業者」「プロバイダー」に乗り換える
「ラグの対策」の【準備編】〜【中級編】まで、全部やっても「Ping値の測定」の結果が改善しない場合は、回線業者やプロバイダーの変更を検討するタイミングかもしれません。  面倒な書類を書いたり、工事の順番を待ったり、ラジバンダリしたのに、「ラグは改善しなかった」ということがないようにしましょう。 「まだ試してない対策」が...
ガチルールの難易度
ガチルールの難易度
 各ルールの難易度は、あなたのイカタイプや現在のウデマエによって異なると思います。『ガチホコ』は基本行動【キル】【ヌル】と、ガチ行動【モツ】を同時に行えるので、イカフェッショナルにとっては「難易度が低い」といえますし、A+~S帯の『ガチヤグラ』はグラディエイカーが多く、ガチ行動【ノル】がおろそかになるので、アタッカー※...