CHAPTER 4-6

トランジション(攻守の切替)

 ここまでずっと都合よく「自軍がホコを担いでいる状況」を前提にお話して来ましたが、実際のバトルは「敵軍がホコを担いでいる状況」があります。

 ウデマエメーターが割れて、泣きながらイカスミカフェに駆け込んできたイカさんの中には、「てか、ずっと敵がホコ持ってたしっ!明日から【ミカタがみんな3さい】に名前かえるし!」という方もいるかもしれません。

 ガチホコ篇の最後は、攻撃と守備と冷静と情熱のあいだ「トランジション(攻守の切替)」で締めくくりたいと思います。

❶トランジションってなーに?

※トランジション【Transition】:過渡期・移行・変化

 なんと、ガチホコには3つの局面しかありません。

  • 【攻撃フェーズ】:自軍がホコを担いでいる
  • 【守備フェーズ】:敵軍がホコを担いでいる
  • 【トランジション】:攻守が切り替わる瞬間

 トランジションには『敵にホコを奪われた瞬間』から『味方の守備陣形が整うまで』の【ネガティブ・トランジション(ネガトラ)】と、『味方がホコを奪った瞬間』から『味方の攻撃陣形が整うまで』の【ポジティブ・トランジション(ポジトラ)】の2種類があります。

 ちなみに【トランジション】という言葉は、攻撃と守備が激しく切り替わるフットサルやバスケ等で以前から使われているスポーツ用語なのですが、もともとは映画やTVドラマ等で「シーンが少しずつ切り替わる効果」を指す言葉なのです。

 この頃は海外サッカーの中継でもよく耳にするようになりました。イタリアでは「トランジツィオーネ」って言うのですが、ツバが飛んで画面が汚れるので声に出して言うのはやめ・・・あ・・・ほらぁ・・・。

 ガチホコにおいての「攻撃フェーズ」と「守備フェーズ」は野球のように順番に入れ替わるハッキリしたものではなく、「常に切り替わり続けながら」バトルは進行していきます。

 そして、戦術が最も不安定になり、コントロールを失いやすいのがこの「攻守が切り替わる瞬間」であるトランジションです。

 ガチホコルールでは、トランジション中に生まれる「戦術的空白」を、攻撃側と守備側の「どちらが先に埋められるか」が大きなテーマになります。

❷ネガティブ・トランジション

【攻撃→守備】

「敵軍にホコを奪われた瞬間」にチームがやるべきことは「迅速に守備陣形を整えてホコを奪還する条件を整えること」です。

 アナタが敵軍シャチョホコのライン(位置)より自陣側にいるなら、敵軍シャチョホコにプレッシャーをかけたり、味方と連動してホコルートを切ったりして「敵軍にカウンターのチャンスを与えない」よう、敵軍の攻撃行動を遅らせます。

 逆に、敵軍シャチョホコのライン(位置)より敵陣側にいるなら速やかに帰陣して守備陣形に加わります。

 そして、ホコを失ったのがアナタ自身ならば、当然、リスポン地点から最短の方法(可能であればスパジャン)で守備陣系に加わります。

 このように【攻撃→守備】へ切り替わる「ネガティブ・トランジション」には時間がかかります。なぜなら「ホコを奪われる=ホコ持ちがデスしている」ので多くの場合「数的不利」からトランジションが始まるからです。

 また、敵軍シャチョホコのライン(位置)より自陣側に「アナタしか居ない場合」は、積極的にホコを奪おうとすることは自殺行為に近いでしょう。なぜならそれが失敗した時に必ず大量リードを奪われるからです。

 相手がよほど弱い場合でない限りは、守備陣形が整うまでディレイ(※)を使ったりして、相手の攻撃を遅らせる事に注力し味方の到着を待つ方が得策です。
※ディレイ=「数的不利の戦い方」参照

「孫子の兵法【第七章・軍争篇】の四節」で孫子もこう言ってます。

「無邀正正之旗、勿撃堂堂之陳、此治變者也」

(正々の旗を邀うることなく、堂々の陳を撃つことなし)

【現代語訳】「孫子なんよぉ。敵の旗がピシッと整ぅとる時は攻めんようにしとるんよぉ。敵の布陣が堂々としとるときも攻撃せんようにしとるんよぉ。そうそう、こういう時の敵軍はヤル気マンマンだから戦っても勝てんのよぉ。便利だから毎日つこうとるんよぉ。貴様は?」

「自軍の攻撃フェーズ」でアナタがブチョホコを担当していたとして、自軍シャチョホコが倒されたネガトラ中に、敵陣のかなり奥深くにいたとしても「速やかに帰陣」するべきです。状況を見てリスポン地点にスパジャンで帰る方が速いならそうしましょう。

 現代サッカーでは「FWも守備をするのが当たり前」なのですが、グラディエイカーやバーサクイカのように「攻守の切替の概念」を持たずに戦えば、戦力差があるマッチングのときに勝率が上がりません。

「走らなければ数的有利は作れない」と、稲本潤一(サッカー選手)も中田英寿(旅人)も言っています。

 ホコを奪われたらどこにいても面倒臭がらずに全力で戻りましょう。仮にリスキルできるくらい弱い相手だったとしても、全員が走ればもっと早く勝てます。

❸ポジティブ・トランジション

【守備→攻撃】

「自軍がホコを奪った瞬間」にチームがやるべきことは「迅速に攻撃陣形を整えてシャチョホコがゴールに向かう条件を整えること」です。

 アナタがホコを奪ったなら素早くブチョホコを見極めて付いて行きましょう。味方がホコを担いだけどブチョホコがいないならアナタがルートを開拓します。そして、まだホコ周りに敵がいるならカチョホコ担当です。

 このように、状況に合わせて自分の役割を速やかに切り替え、最短で攻撃陣形を整える事がカウンターを成功させるコツです。

「ポジティブ・トランジション」に時間をかけてしまうと、相手の守備陣形が整ってしまうので、カウンターのチャンスを失い、最悪カウントを削る前にホコを失います。

 ガチホコの優先順位で「ホコを持つ事」の重要性を言い続けてきましたが、野良ガチマで「自分がホコを担ぐ」という行動は、自動的に「味方にその他の役割を促す」事になるので、攻撃陣形を整える時間を短縮する効果があります。

 自分と同じくらい素早くホコを担ぐ味方がマッチングされない限り、積極的にホコを担ぐことでカウンターのチャンスを失うリスクが減るのです。

 逆に、カウンターにこだわりすぎて、ポジティブ・トランジションを急ぎ「攻撃陣形が整わないうちに攻める」のも良くありません。

 敵のシャチョホコを倒してブチョホコを担当するまでは良いですが、ホコバリアも割らずに単独でルートを塗り進めても、せっかく出来た数的有利を失います。

 ホコバリアが割れる頃には相手の守備陣形が整ってしまうので、結局はホコを奪われて急いで帰陣する結果に終わるかもしれません。

 どうしてもブチョホコを担当したいのであれば、せめてシャチョホコの準備が整うのを見届けてからでも遅くはありません。

 元ACミランの伝説のストライカー「フィリッポ・インザーギ」のように、絶妙なタイミングで走り出すブチョホコを目指しましょう。

❹ガチホコのまとめ

 さて、ガチホコ篇は今回が最終回です。何度も読み返して自分の「考え方」に取り入れる事ができれば必ず勝率が上がり、応用する事が出来ればウデマエXは時間の問題ですし、こんな長い文章をコツコツ読めるアナタならきっとその先に進む事が出来ると思います。

 ガチマで自分より強いイカにホコを担がせると、自軍の攻撃力を最大限に活かせません。逆に「自分が1番強い場合」は、味方がホコを担いでくれた時が最強の攻撃フェーズになります。

 この「自分が1番強いマッチング」の時に「ホコの放置」が多発するので肝に銘じておきましょう、イカフェッショナルは「ホコを持つ」が最優先事項です。

 そして、敵のキープレイカーを見極めて自由に仕事をさせないようにする事もイカフェッショナルの仕事です。個人的には、状況に合わせてどの役割にも即座に移行できる「カチョホコを極める事」がマッチングに左右されずに勝率を安定させる近道だと思っています。

 ウデマエメーターが割れる事を恐れてはいけません。筋トレと同じで「上がる下がるを繰り返して本当の力がつく」のですから。

 おや?ステ変の時間ですね、さぁ、ホコを担ぎに行きましょうか♪

巻末コラム

最終回「ヒョブズの最後の言葉」

 記録に残っているヒョブズ氏のスピーチの中で最も新しいものは、ヒョップルコンピューターの共同創立者「イカすマセニアック氏」の結婚式でのスピーチだろう。イノベーションの軌跡、最終回の今回は友人代表として会場を感動の渦に巻き込んだヒョブズ氏のスピーチ【3つの袋】の全文を紹介しようと思う。

「えー。仕事以外でのスピーチはちょっと慣れてないので緊張しています。・・・あ、マセニアック、今日は本当におめでとう。・・・じ、人生には大切にしなければならない【3つの袋】があります。一つ目の袋は【堪忍袋】です。堪忍袋の尾が切れるという諺がありますが、怒りや不満などの感情を堪忍袋に吐き出して溜め込むことで我慢をするという袋です。・・・で、でも、あんまり我慢しすぎると【胃袋】が悪くなって【おふくろ】にも心配をかけますし、最悪入院することになったりすれば【給料袋】がいくつあっても足りません。我慢は良くない・・・ふ、二つ目の袋は・・・えっ、あれ?・・・えっと・・・あっ!【子袋】です。コブクロは黒田俊介と小渕健太郎のフォークデュオでワーナーミュージック・ジャパンに所属しています・・・ア・・・レ?・・・黒田俊介が大きい方です・・・絢香さんとコラボして、曲がりくねった道の先で見かけなくなりました・・・一緒にやっていくと決めた2人なら、余計な事を考えずに最後まで添い遂げるべきだという教訓ですし、小さい方がソロアルバムを出した時点でなんか嫌な予感はしていました。・・・み、三つ目の袋は・・・【シマフクロウ】ですぅっ!・・・。北海道のごく限られた地域・・・南鳥島などに生息していて天然記念物にも指定されていますぅっ!。・・・こんな、こーんな大きいのに魚を食べるんですよ!捕食方法がワイルドで、こーやって足から川に飛び込んで、こーやって魚を鷲掴みにするんです!鷲掴みってwwwwwフクロウなのにwwwww・・・・・乾杯っ!!」

 マセニアック夫妻は人生の壁にぶち当たる度に、このスピーチのVTRを観て元気をもらい、いつまでも仲良く幸せに暮らしたそうです。

TOPへ戻る