イカスミ流タチマワリ

NO IMAGE

CHAPTER 1-1

 イカスミ流タチマワリとは、中国春秋時代の兵法書『孫子の兵法』をベースに、チームスポーツの戦術理論を応用した『ガチマ専用(※)』の立ち回りです。(※リグマやプラベは味方の情報があるので、それぞれタチマワリの概念が違います)

 ガチマでは考え方の違う様々なタイプのイカさんタコさんがマッチングされるので、プラベやリグマのように【チーム戦術】が上手く機能しません。

 そこで、イカスミ流タチマワリでは、マッチングされた味方の立ち回りに合わせて、自分自身の立ち回りを変化させる【個人戦術】を特化させました。

 マッチングによって立ち回り方が変わるので、常に思考しなくてはいけません。考えるより感覚でプレイする天才肌のイカさんや、アタッカータイプのタコさんには退屈な内容かもしれません。

 撃ち合いは得意じゃないけど「味方の為に走る事が出来る」、そんなイカさんやタコさんのお役に立てれば嬉しいです。

こんなイカさんにオススメ♪

・キルが苦手でリザルトはいつも涙で見えない
・勝利の為ならヤグラに乗るけど舌打ちはする
・嬉しい悲しいは抜きにして26歳以上だ ※
・いや、ここだけの話、40歳以上だ ※
・ダーマ神殿は賢者になる為にあると思ってる

※「反射神経」や「脳の反応速度」は23~24歳から下降の一途を辿ります。0.1~0.2秒の超反応を競う FPS/TPS や格闘ゲームでは、プロゲーマーの引退ラインは25歳~26歳。プロゲーマーや人気実況者さんの超絶プレイを実践するには脳の年齢制限があるのです。

>