タチマワリ・始計篇❸

タチマワリってなーに?

タチマワリ・始計篇❸
Sponsored Link

タチマワリ【始計篇❸】
CHAPTER 1-3
タチマワリってなーに?

 突然ですが、スプラトゥーンの【基本行動】は2つしかありません。立ち回りを複雑に捉えず「シンプルに理解する」為にも、少し基本に立ち戻ってみましょう。


基本行動

①【ヌル】

・床や壁をインクで塗って「地的優位」を作る。

②【キル】

・敵チームのイカを倒して「数的優位」を作る。

 この2つの【基本行動】はとても密接な関係にあるので、どちらか片方だけを続ける事はとても難しいのです。

 なぜなら【ヌル】を合理的に行うには【キル】が必要ですし、逆に【キル】を合理的に行うには【ヌル】が不可欠だからなのです。

 ガチマッチにはこの2つの【基本行動】に、ガチルールに則った【ガチ行動】が追加されます。


ガチ行動

③【ヌル】【モツ】【ノル】

・ガチエリア:エリアを【ヌル】
・ガチホコ :ホコを 【モツ】
・ガチヤグラ:ヤグラに【ノル】

 それでは1~3の行動を分析してみましょう。

※えっ。ガチアサリ先生?そんな名前のガチ知らない。

【ヌル】

【ヌル】は個体差が殆どありません。塗りが苦手なブキはいっぱいありますが「自分、キルとか苦手なんで塗り専門で頑張るッス!」というトンチンカンなセリフが物語るように、【ヌル】は最も簡単な行動ですし、逆に【ヌル】が得意すぎて「見て見て♪自陣にモナリザ描いちゃった♡」みたいなイカさんもいません。

【キル】

【キル】は最も個体差が出る行動です。【ヌル】に個体差が殆ど無いので、基本的にナワバリバトルでは【キル】が得意なイカさんが多いチームの勝率が高くなります。ですから、味方に『不殺(ころさず)』を誓ったイカさんがいて「働きたくないでござる!!!絶対に働きたくないでござる!!!」って言ってると高確率で負けます。

【キル】>【ヌル】

【ガチ行動】

【ガチ行動】はキルに次いで個体差が出る行動ですが、『能力の差』というよりは『パーソナリティの差(※)』に依るところが大きいのではないでしょうか

※パーソナリティー【personality】:その人の持ち味。個性。人柄。

【ガチ行動】は、勝敗に直結している行動なので、ガチマッチにおいての最優先事項なのですが、デスしやすい上に「行動を評価されにくい損な役回り」とも言えます。

 そう、まるで豚の角煮の完成と同時に捨てられる長ネギの青い所のような、スベりかけた若手芸人をフォローして一緒にスベるフジモンのような・・・あぁ、フジモン、好きだ。

【ガチ行動】≧【キル】>【ヌル】

 さて、ここまで解説させて頂いた【基本行動】と【ガチ行動】ですが、もしこれがガチマッチの全てだとしたらどうでしょうか?

 個体差(能力差)が最も反映される【キル】が得意なイカさんが多い方が勝つ?【ガチ行動】をしないイカさんが多い方が負ける?

 いずれにせよ『勝敗はマッチングに左右された結果』でしかないでしょう。

こんなツマラナイことは無い。

 そうです、「マッチングの不条理」に抗い、【基本行動】と【ガチ行動】の他に「勝つ為にもっと出来る事は無いか?」と足掻く(あがく)事が即ち『タチマワリ』なのです。

Sponsored Link

タチマワリの最新記事8件

>