イカタイプ(全9種)

NO IMAGE

CHAPTER 1-4

 ガチマッチには9種類のイカさんが生息しています。タチマワリを理解する上で、とても大事な要素になるのでここでしっかり覚えておきましょう。また、今後のタチマワリの指針にもなるので『アナタに最も近いイカタイプ』を探してみてください。

  1. ファンタジスタ
  2. エース・ストライカー
  3. イカフェッショナル
  4. シャドー・ストライカー
  5. カウントブレイカー
  6. グラディエイカー
  7. バーサクイカ
  8. フリーアルバイカー
  9. イカリヤチョウスケ

❶ファンタジスタ

生息帯域【ウデマエX上位】

①ファンタジスタ

  【ヌル】
  【キル】
【ガチ行動】

 プロe-Sports選手レベルのイカ。すべての行動の質の高さと、超人的な反応速度で、ウデマエX上位勢の中でも圧倒的な存在感を放つ『イカ界のカリスマ』。個の力で戦況を操り、たぶん笑うと歯が光る。

❷エース・ストライカー

生息帯域【ウデマエX上位】

②エースストライカー

  【ヌル】
  【キル】
【ガチ行動】

 超絶エイムとフィールドを上から見る視野の広さで味方を勝利に導く『オフェンスのスペシャリスト』。必要とあらばホコも担ぐしヤグラにも乗る、是が非でもフレンドにしたいイカ。タオルを借りるといい匂いがする。

❸イカフェッショナル

生息帯域【S+〜ウデマエX】

③イカフェッショナル

  【ヌル】
  【キル】
【ガチ行動】

 状況判断と危機察知能力に優れ、戦況によって役割を自在に変化させる『ガチマ職人』キル能力の不足はタチマワリで補うのが流儀。イカフェッショナルの8割がメガネをかけていて、その半分が三国志マニア。あと半分は電車の名前を全部言える。

❹シャドー・ストライカー

生息帯域【S+~ウデマエX】

④シャドーストライカー

  【ヌル】
  【キル】
【ガチ行動】

 エース・ストライカーがリスポン中、または同レベルのイカとの交戦で無効化されている時、孤軍奮闘して前線を維持したり、ガチ行動中の味方をさりげなく護衛したりする『超攻撃的ミッドフィルダー』、ゾーンに入るとエース級の活躍をする。天才肌だから練習は嫌い。

❺カウントブレイカー

⑤カウントブレイカー

生息帯域【A+~S+】

  【ヌル】
  【キル】
【ガチ行動】

 圧倒的な戦力差にジャイアントキリングを起こす『奇跡のイカ』、個の力は平均的だが、絶望的な状況でも一隅の光を見つけて打開するメンタリティに、格上のイカも気圧される。逆境を好むタイプが多いので、味方が強すぎるとイマイチやる気が出ない。

❻グラディエイカー

生息帯域【A+~S+】

⑥グラディエイカー

  【ヌル】
  【キル】
【ガチ行動】

 ヤグラもホコも素通りして、ガチカウントに関係の無い敵を追いかけ回すイカ。面倒な事(ガチ行動や防衛行動)は味方に押し付けて自身のキルレに酔いしれる『ナルシスト』。チームワークに目覚めるとエース・ストライカーに進化する逸材でもある。鏡があると立ち止まって前髪を「ふぅ」ってしたり、指をピストルの形にして「ばーん♪」ってしてきたりする。

❼バーサクイカ

生息帯域【S~S+】

⑦バーサクイカ

  【ヌル】
  【キル】
【ガチ行動】

 グラディエイカーのなれの果て。【基本行動】だけでも勝てる「ガチエリア」のみウデマエXを達成している個体が稀にいる。せっかく強いのに、エンジョイプラベでも格下のイカさんを狩りまくるので、主催者にバランス調整の負担を強いる『困ったちゃん』。漫画だと後半は仲間になって大活躍するタイプ。

❽フリーアルバイカー

生息帯域【A+~S+】

⑧フリーアルバイカー

  【ヌル】
  【キル】
【ガチ行動】

 協調性が高く、チームの勝利の為なら何度キルされてもヤグラによじ登り、ボロボロの体でホコを担ぐ『傷だらけのヒーロー』。タチマワリを覚えるとイカフェッショナルに進化する逸材でもある。連敗して味方の口数が減ると、なんかソワソワする。

❾イカリヤチョウスケ

生息帯域【A+~S】

⑨イカリヤチョースケ

【ヌリ意識】オイッス
【キル能力】オイーッス
【ガチ行動】オイス

 前線が常に変化するガチヤグラで裏取りに励んだり、自陣にホコが侵入しているのにホコルートを塗ってたり、エリアを制圧すると自陣に引いたり、コンビニより近い場所にビーコンを置いたりする。彼らの謎の行動に呆れた味方が「だめだこりゃ」と言ったのが名前の由来であり、けして伝説のコメディアンをディスっている訳ではない。

>