PICK UP !
自軍がエリアを制圧したら

 ガチエリアでは「エリアの制圧に成功」すると、自軍がとてつもなく有利になります。この「とてつもなく有利になる事」を理解していると、敵軍の戦力が勝るマッチングの時も勝てるようになります。では何故、エリアを制圧すると有利になるのでしょうか?

 えぇ、その通りです。

「もうエリアを塗らなくていいから」

 生まれてから一度もエリアを塗ったことがないチョースケ※1には分からないこの切ない響き。グラディエイカー※2がルールに関係ない敵を追いかけ回すのを横目に、黙々とエリアを塗り続ける時間はまるで「宿題が終わってから遊びに行きなさい」と叱られた夏休みの午後のようです。

 エリアの制圧によって得られるメリットは他にもあります。

エリア制圧のメリット
  • ガチ行動以外に集中できる
  • エリア内を移動できる
  • 敵の死角を取りやすくなる
  • 敵が死角から現れなくなる
  • 数的有利を作りやすくなる
  • 心理的に優位にたてる

 などなど、戦力差をひっくり返すために必要な条件を一気に手に入れられます。

 戦力的に不利なマッチングのときこそ「自軍がエリアを制圧した状態から戦うこと」を意識するだけでトータルの勝率は必ず変わります。

❶エリア制圧後の優先順位

 見事にエリアを制圧したら「さぁ、やっと楽しいバトルに入れるぞ!」「いっきに前線を押し上げてプレッシャーを与えるぞ!」って思うでしょ?残念ながら、エリア制圧後の優先順位はこうです。

得たい結果【エリア制圧を維持する】

優先順位①【ヌル】
  • エリア周りを塗り固める
  • 敵インクがエリアに届かないようにする
  • 地的優位の範囲を広げて更に有利に戦う
優先順位②【キル】
  • 敵が邪魔で塗り固められないなら倒す
  • エリアを塗り返そうとする敵の心理を利用して側面や背後などの死角から攻撃する
  • 長射程ブキなら敵をエリアに近付けさせないようにジリジリ塗り固めてOK

 エリアを制圧するやいなや敵陣に躍り出る戦術は「防衛ポイント」がハッキリしていた無印では有効でした。しかし、今作のステージは打開しやすいように設計されているので打開ルートを封鎖することは難しいのです。

 どこから攻められても対応できるように、エリア周りも塗り固めて「インクのバリケード」を張りましょう。防衛ポイントが無ければ作ればいいのです。

バリケード弱

バリケード強

 今作のエリアはサイズが小さいので、エリア周りを塗り固めていないとすぐに打開されてしまいます。エリアを奪い返されると、直前まで進めたカウントの約3/4が「ペナルティタイム」として追加され「残業が発生」します。

 完全に「サービス残業」なので、なるべく最短でノックアウトを狙いたい所です。

 また、味方には「メンタルの弱いイカさん」がマッチングされているかもしれません。リードしている時とリードされている時でモチベーションが激しく変化するイカさんもいるので、「嘘でもリードした状況を作り続けること」は戦力的に不利なマッチングでのタチマワリのコツでもあります。

 そして自分自身はなるべく「どんなにリードされても戦意を失わない」というメンタルでいたいものです。うん、なるべく。

❷塗り固めた後の優先順位

 打開を試みる敵を倒しつつ塗り固め「インクのバリケード」を張ることにも成功しました。「さぁ、自由に戦うぞ!」「もう、お前の指図は受けないぞ!」って思うでしょ?残念ですがバリケード完成後の優先順位はこうです。

得たい結果【バリケードを維持する】

優先順位①【ヌル】
  • 敵がバリケードに近づけないようもっと敵陣側を塗る
  • 余裕があれば囲まれない程度にどこまでも
優先順位②【キル】
  • 強引にバリケードに接近する敵を倒す
  • 焦れて突っ込んでくる敵を落ち着いて倒す
優先順位③【ヌル】
  • 破壊されたバリケードやエリアを修復
  • 味方に任せず気が付いたらすぐに修復

 行動的には「前線を押し上げる」と同じですが「目的」はバリケードの維持なので、絶対に裏を取られないように注意しながら取り組みましょう。

「絶対に打開を許さない意志」を示す陣形であり、サッカーに例えるならイタリア代表の鉄壁の守備「カテナチオ」なのです。

 カテナチオが完成すれば、相手に優秀なストライカーがいない限り、スペシャル以外での打開はまず無理でしょう。

※追記1)スペシャルで打開を試みる相手のタイミングに合わせ、こちらもスペシャルを発動することで相殺すれば、カテナチオはより強固になります。(ボムラにボムラを被せるなど):by ひょうかさん

※追記2)検証用アカウントで「カテナチオ戦術」に徹した結果です。強イカが少ないS+帯ではありますが、試してみる価値のある戦果ではないでしょうか。リグマやプラベなどで勝率を検証してみてください。

❸勝てる状況を作ってから戦う

「孫子の兵法【第四章・軍形篇】の二節」で孫氏は「戦いに勝つコツ」について語っているのですが、これは「イカフェッショナルの戦い方の極意」でもあるので、原文と書き下し文、そしていつものように現代語で訳しておきます。

出典|孫子の兵法(第四章・軍形篇)

孫子曰、見勝不過衆人之所知、非善之善者也、戰勝而天下曰善、非善之善者也、故舉秋毫不爲多力、見日月不爲明目、聞雷霆不爲聰耳、古之所謂善戰者、勝於易勝者也、故善戰者之勝也、無智名、無勇功、故其戰勝不忒、不忒者、其所措必勝、勝已敗者也、故善戰者、立於不敗之地、而不失敵之敗也、是故勝兵先勝而後求戰、敗兵先戰而後求勝

書き下し文

孫子曰わく、勝を見ること衆人の知るところに過ざるは、善の善なる者にあらざるなり。戦い勝ちて天下善と曰うは、善の善なる者にあらざるなり。ゆえに秋亳を挙ぐるは多力となさず。日月を見るは明目となさず。雷霆を聞くは聡耳となさず。古のいわゆる善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり。ゆえに善く戦う者の勝つや、智名なく、勇功なし。ゆえにその戦い勝ちて忒わず。忒わざる者は、その措くところ必ず勝つ。すでに敗る者に勝てばなり。ゆえに善く戦う者は不敗の地に立ち、しかして敵の敗を失わざるなり。このゆえに勝兵はまず勝ちてしかるのちに戦いを求め、敗兵はまず戦いてしかるのちに勝ちを求む。

現代語訳

 テニスの孫子様だよ♪戦いに勝つコツは「勝って当然」の状況になってから戦うことだね♪周りの人に「すごく強いね!」「あんな強い相手によく勝てたね!」って言われると凄く気分がいいけど、絶賛されているうちは「まだまだだね♪」本当に戦いが上手な人は「確実に勝てる状況」を作ってから戦いはじめるから、周りから見ると簡単に勝てているように見えるし「戦いが上手だね!」って褒められることはないんだよね♪鳥の羽を持ちあげても「力持ちだね」っていわれないし、太陽や月が見えても「目がいいね!」っていわれないし、雷の音が聞こえても「耳がいいね!」っていわれないのと同じことだよ♪本当に戦いが上手な人はあらかじめ「負けない状況」を整えて、「無理をしなくても勝てる状況」を作ってから戦って、「勝ちやすい敵」に勝ってるだけなので、「賢いね!」とか「凄いね!」っていわれることがないんだよね♪つまり、戦いが上手な人は「戦う前にすでに勝っている」、戦いの下手な人は「戦ってから勝とうとする」この違いだね♪You still have lots more to work on♪

 2500年以上も昔の戦いの天才がいってるのですから、キルレだけが全てじゃないと胸を張りましょう。でも、対人が強いに越したことはありませんし、ウデマエXに上がってからは「ある程度の対人能力」はどうしても必要になるので、日頃の試し撃ち場でのエイム練習もお忘れなく。

おすすめの記事
イカフェッショナルのすすめ
イカフェッショナルのすすめ
 さて、アナタのプレイスタイルに近いイカタイプはありましたか?  アナタが【ウデマエX】を目指すイカさんやタコさんだと仮定して話を進めますが、この項のタイトルの通りこの先は強制的に「イカフェッショナル」へと続く一本道でございます。 「えーーー。やだ、ファンタジスタになりたい」とかいわれても困ります、店長もなりたい。  ...