リニューアル中のためレイアウト(目次とか)が崩れているトコロがあります。(あと103ページ)

ソイヤ(ヤグラ乗り)

タチマワリ・ガチヤグラ篇❸

タチマワリ【ガチヤグラ篇❸】
CHAPTER 5-3
ソイヤ(ヤグラ乗り)

ソイヤ

【担当内容】ヤグラに乗る
【対人能力】     
【カリスマ】     
【一世風靡】     

ソイヤ

 始計篇からコツコツ読み進め、基本篇では睡魔と闘い、そしてついにガチヤグラ篇までたどり着いたアナタに『ガチヤグラにおいてイカフェッショナルの最優先事項は?』と尋ねれば、

「ヤグラに乗るんじゃい」

 と即答するでしょう。そうです、耳にタコがナイスするくらい聞いたと思いますが、ヤグラに乗らなくても許されるのは「敵を1人もヤグラに近づけさせない強イカだけ」なのです。

 では『アナタを含めた味方が全員が半端なく強い場合』はどうしたら良いでしょうか?

「ヤグラに乗るんじゃい」

 素晴らしい、そうです、しょっぱい奴らに言ってやりましょう(こころの中で)。

    もくじ
  1. 「乗らない」と「乗れない」は違う
  2. ソイヤの作法
  3. ソイヤの仕事
  4. ソイヤのまとめ
  5. 前略、ヤグラの上より【第二回】

❶乗らないと乗れないは違う

 2018年3月21日、RAGE Splatoon2 Extreme の初代王者に輝いたチーム「TASO」さんが、同大会の決勝戦で「EMP演劇部」さんを相手に繰り広げたガチヤグラはファイナル・ラウンドに相応しい壮絶なバトルでした。

 チーム「TASO」さんの司令塔【ゆっきー】さんは、イカタイプで言うところの「ファンタジスタ」であり、三国志の武将で言うところの「姜維(きょうい)」であり、スポーツキャスターで言うところの「八木沼純子」である。

 タラレバになりますが、E3 2017(世界大会)で【あとばる】さんと日本代表を背負って戦う姿が見れなかった事は残念でなりません(でも決勝のダイナモンさん超カッコ良かった泣ける)。

 さて、チーム「TASO」さんのガチヤグラの戦術は非常に理にかなったものでした。

 ブルーチームのTASOさんは、機動力の高い「シューター×2」、ヤグラを止める事が得意な「ブラスター×2」の編成、攻撃フェーズと守備フェーズの両面を「生き残っている味方でやり繰りしやすい編成」と見る事もできます。

 試合の映像から「シューターの2人が率先してソイヤを担当する事」が基本戦術だったと推測しますが、注目すべきは「シューターの2人がどうしてもソイヤできない局面」では、ブラスターの2人のどちらかが必ずソイヤしていたという事です。

 対して、イエローチームの「EMP演劇部」さんは、ファイナリストの貫禄たっぷりの重厚なタチマワリを展開。序盤は手に汗握る拮抗した試合展開になりましたが、ブキ編成の都合もあったのでしょう「イエロー2」と「イエロー3」の2人しかソイヤできませんでした(映像で確認できる限り)。

 こうした「実力が拮抗した達人同士のバトル」では、それぞれの局面でレベルの高い駆け引きがなされているので、「ブルーチームは全員がソイヤしたから勝った」と分析するのは早計にすぎませんが、この話で重要なのは「ゆっきーさん程の強イカでもヤグラに乗るんじゃい」という事です。

 そして、大事な局面では必ずヤグラの上にいた、マニューバー系ブキの名手【かよたそ】さんの試合後のコメントは、

今までこのチームで優勝した事が無かったので、このチームで優勝する事ができて嬉しい

 でした(涙)。

 ソイヤを買って出る人に共通する「チームの為に走る」というピュアな思考こそが「ヤグラ乗りの資質」なのかもしれません。

RAGE Splatoon2 Extreme 決勝戦~エンディング

❷ソイヤの作法

 ガチホコでホコを放置してしまうイカさんの多くが、小学校の通知表に「忘れ物が多い」と書かれていたように、ガチヤグラでヤグラに乗らないイカさんの多くは「落ち着きがない」と書かれていたに違いありません。

 そうです店長の級友「Sくん」のように落ち着きがなく、「ヤグラの上でじっとしている事が苦手」なのです。因みに、Sくんは忘れ物も多くて、給食当番のエプロンも洗わないアウトローでしたが、現在は更生して大工の棟梁になりました(ホントです)。

 ヤグラに乗る事が得意じゃないイカさんの中には「すぐにデスしてしまうから、自分が乗ると味方に迷惑がかかる」と思ってしまう優しいイカさんがいるかもしれません。

 では、そんな優しいイカさんの為に正しいソイヤの作法を解説してみましょう。

①ヤグラの上はいつもキレイに

 ソイヤを舞う舞台であるヤグラの上は神聖な場所です、ヤグラに登ったら必ず隅々まで自軍インクで清めましょう。また、敵インクが付着したままのステージで舞うと、捻挫等の思わぬケガの危険があるので、敵インクが付着する度に隅々までキレイに清めましょう。

②柱にもたれない

 ヤグラの中心に立っている柱は「ヤグラ乗りの魂」とも言われています。バスケ部がバスケットボールに座ると怒られるように、ヤグラ乗りは柱にもたれたり、靴についたインクを落とす為に柱を蹴ってはいけません。いつでも柱を中心にヤグラ上を素早く移動できるように準備しておきましょう。

③ボムが乗っても降りない

 ソイヤをしていると敵のボムがステージに投げ込まれる事がありますが、柱を盾にして対角線上でソイヤすれば防げます。素早く対角線上に移動してかわしましょう。

④チャーに狙われても降りない

 ソイヤの歴史はチャージャーとの戦いの歴史でもあります。古くは「烏賊島(いかじま)の戦い」に記される「ナイスな与一」が、七反(約75.6m)離れたソイヤの扇を撃ち落としたという話が有名です。

 近年では、4人のチャージャーに狙われながらソイヤを舞った「伝説のヤグラ乗り」を描いたミュージカル、「ソ・ソ・ソイヤ 」がゴールデングローブ賞7部門獲得、アカデミー賞ではノミネートされた11部門中、6部門を獲得するなどミュージカル映画の歴史に金字塔を打ち立てました。

 チャーにエイムされたら柱を盾にして対角線上に隠れましょう。この時、イカ潜伏状態で隠れると「当たり判定」が柱からはみ出てしまい、上手なチャーには撃ち抜かれてしまうので、必ず「ヒト状態になって隠れる」クセをつけましょう。

 また、上手なチャーから身を隠し続ける為には、ヤグラの移動に合わせて少しづつ体の向きを変える「超シビアな調整」が必要で、メンタルを消費します。

 ここぞという時の集中力を温存する為にも、自分より強い相手が来ると体を細くしてやり過ごす「アフリカオオコノハズク」を参考にしてメンタルの消費をコントロールしましょう。

シューターが来た
チャージャーが来た
ソイチューバーが来た

※アフリカオオコノハズクのポポちゃん:掛川花鳥園

⑤ブラスターが来たらすぐ降りる

 どんなにノリノリでソイヤをしていても、ブラスターの接近を確認したら射程に入る前にソイヤをやめてヤグラを降りる事にしましょう。ブラスターの攻撃は柱では防げません。

 例えば、アナタがヤグラの上で THE BLUE HEARTS の【リンダリンダ】を歌いはじめたとして、「どーぶーねーずみ♪みたいにー♪うーつーくーしーくーなーりーたい♪しゃーしーんーには♪うつらないー♪うーつーくしさー♪があーるかーらーーーーー♪リン」の時だったとしてもすぐに降りましょう。

❸ソイヤの仕事

 ソイヤの仕事はヤグラに【ノル】だけじゃありません。【ヌル】も【キル】も可能な限り参加しましょう。また、「サブ」や「スペシャル」を活用して、少しでも長くソイヤできるように工夫してみましょう。

①ヌル

 ヤグラ周りは自動的に敵味方が交戦する前線になります。アナタがソイヤを担当しているということは、3.5人 vs 4人の数的不利(※)でもあるので、人一倍【ヌル】意識を持つべきです。ヤグラの上から塗れる範囲は塗り固め、なるべく味方が戦いやすくなるように地的有利な状況を作りましょう。

※ガチヤグラの基本戦術「3.逆転されても下を向かない」参照

②キル

 ヤグラは高台と同じ扱いなので、同じ射程のブキでマッチアップしているならソイヤ側に分があります。味方のワッショイをすり抜けて接近する敵のブキを見極め「こちらの射程が有利なら」なるべくヤグラから降りずに迎撃しましょう。

③サブウェポン

 ボムやポイズンミストは敵をヤグラに近付けさせない牽制に使えますし、ヤグラに乗り込んできた敵を降ろす事に使えます。また、スプリンクラーやトラップを設置しておくとヤグラ上の戦闘を若干有利に運べますし、ヤグラルート上で待ち構えている敵にポイントセンサーを投げて味方に知らせる事も有効です。

 また、ヤグラに設置したジャンプビーコンにセルフジャンプする事で、ハイプレやミサイルの回避に成功するかもしれません。サブウェポンを使いこなせる事は「良いソイヤ」の条件のひとつなのです。

④スペシャルウェポン

 どのルールでも言える事ですが、スペシャルを出し惜しみしてデスしてしまうのは「悪手のひとつ」です。ドラクエで「あと少しゴールドが貯まったらセーブしよう」と思ってたのに全滅するような、ヨドバシカメラで「あと少しポイントが貯まったらなんか買おう」と思ってたのにポイントが失効するような。あと、ほら、後で食べようと思ってたプリンが(中略)リードしている時こそスペシャルを早めに使うよう心がけましょう。

❹ソイヤのまとめ

 ヤグラは「ソイヤ」しないと絶対に動きません。ヤグラが動かないとカウントを削る事ができないので「ソイヤ」なしに勝つ事は不可能なのです。逆に言うと相手が「ソイヤ」してこなければ負ける事も絶対にないのです。

 つまりガチヤグラは「ソイヤが勝敗を分ける」と言っても過言ではなく、勝っても負けても「ソイヤした人が一番の功労者」なのです。たとえ0キルだったとしても、ヤグラに乗り切ったならば胸を張りましょう。

 スプラトゥーン2は「逆転しやすい」という特徴があります。これには賛否両論ありますが、色々と事情や狙いがあるのでしょう。

 前作では「1カウントのリードを守り切る」という醍醐味があり、戦力的に勝る相手でも「1カウントさえリードすれば勝ちをもぎ取れる」という「戦術的に詰める要素」があったので、デス覚悟でヤグラに乗り続けるという戦法も有効だったのですが、今作では一転「デス覚悟で乗り続けるのは悪手」になってしまいました。

 なぜなら「99 vs 0」からの逆転が起こり得るゲーム設計なので「1カウント」の重みが無くなってしまい、自分以外にソイヤする人がいないマッチングの場合は「ヤグラ乗りのデス=逆転負け」に直結してしまう事もあるからです。

「降りないとデスする事」が予測できたなら、潔く降りてワッショイに参加しましょう。そして「何度でも乗り直す事」はマッチングに左右されず勝率を上げる唯一の近道なのです。

 また、ガチホコのように「相手がカウントを削りにくい場所」へヤグラを移動させる事は出来ません。つまり、守備フェーズでもヤグラに乗り続ける必要があります。

 僅かなリードを守りたい時ほど一所懸命にヤグラに乗りましょう、攻撃は最大の防御なのです。

 スプラトゥーン2のガチヤグラは「ヤグラの勝ち方を知っている味方がいる」マッチングで負ける事はほとんどありません。

 逆に言うと、スプラトゥーンの製作側は「いちいち言わなくてもチームで協力して遊んでくれると信じている」という甘い考えなのかもしれません。

 甘い、実に甘い、鎌倉の「茶房 雲母(きらら)」で食べた、宇治白玉クリームあんみつ(850円)より甘い。

 しかしながら、この甘い考え方を支持する甘党チームのヤグラを止める事は困難を極めるでしょう。

 なぜなら、そのヤグラの上ではチームの為に走るアナタが乗っていて、味方を鼓舞するソイヤを舞っているのですから。

 さぁ、しょっぱい奴らをブチのめしに行きましょうか。

巻末コラム

第二回

『誰にも出来るソイヤとできねェソイヤがある。お前にできねェソイヤはおれがやる。おれにできねェソイヤをお前がやれ!!!』

※【MEN’S SOI-YA】2018年2月号(特集:イカしたヤツらはもう着てる!ネクストブランドINDEX他)より。

 伝説のヤグラ乗りとして語り継がれる「ポポン氏」の名言コーナー【前略、ヤグラの上より】、第二回である今回は、ガテン系ファッション誌の草分け的な存在【MEN’S SOI-YA】で連載していたポポン氏の読者質問コーナーでの一言である。

 読者の質問「高所恐怖症なのでタチウオのガチヤグラの最後のところでソイヤできません、どうしたらポポンさんのようにソイヤできますか?」のハガキに対して漢らしく一喝した回答である。

 因みに、同号の2つ目の質問「先日、モンガラキャンプ場で、相手チームにすごく上手いチャーがいて、全然ヤグラに乗らないポポンさんを見ました。どうしてですか?」のハガキに対しても、一言一句違わずまったく同じ回答であった。

スミス店長

スミス店長

店長のウデマエ

■スプラトゥーン:カンスト(エリア)
■スプラトゥーン2
・エリア、ホコ、ヤグラ:カンスト(旧S+50)
・アサリ:X
【尊敬するイカ】:あとばるさん

カテゴリー:
関連記事