リニューアル中のためレイアウト(目次とか)が崩れているトコロがあります。(あと103ページ)

ワッショイ(ルート確保)

タチマワリ・ガチヤグラ篇❹

タチマワリ【ガチヤグラ篇❹】
CHAPTER 5-4
ワッショイ(ルート確保)

ワッショイ

【担当内容】ヤグラルート確保
【対人能力】     
【仲間想い】     
【ロマンス】     

ワッショイ

 ガチヤグラの最優先事項は【ノル】ですが、世間は「ワッショイ上等」のイカさん達であふれかえっていて、世はまさに、「大ワッショイ時代」なのです。

 でも、まじめにコツコツ頑張っていると、必ずいつかヤグラに乗ってくれる「ナイスガイ」がマッチングされるので、このボーナスゲームをみすみす落とさない為に、「正しいワッショイの作法」もマスターしておきましょう。

    もくじ
  1. ワッショイの作法
  2. ワッショイはMF(ミッドフィールダー)
  3. ワッショイの仕事
  4. 前略、ヤグラの上より【第三回】

❶ワッショイの作法

 普段ヤグラに乗っている人は「ワッショイ」を担当しても上手く立ち回ります。これは、「自分の苦労を自慢する人」より「他人の苦労を思いやれる人」の方が出世する事に似ています。

 とは言え、学校や職場に「全然寝てない事」を自慢してくる人がいても、面倒くさがってはいけません。

『えっ、すごい、武井壮も1日45分しか寝ないらしいよ?えっ、百獣の王じゃん!えっえっ、ちょっと力こぶ作ってみて、えっ、普通』

 と、褒めちぎりましょう。

 さて、ゴールまでのルートを自由に選択できるガチホコとは違い、ガチヤグラのルートは「ステージ毎に決まっている」ので、敵も味方も「次にヤグラ(前線)がどこに移動するか知ってる」というのがガチヤグラのポイントです。

 このポイントを念頭に置いてワッショイの作法を見ていきましょう。

①敵ブキの射程を把握しておく

 ワッショイの仕事は敵を倒す事ではなく「味方が乗ったヤグラを進ませる事」です。なので、ヤグラの進行を妨げる敵を優先してワッショイするべきであり、ヤグラの進行に関与しない敵や『ヤグラに攻撃が届かない射程の敵』は「ノーワッショイ」で良いのです。

 この為、開幕は「敵ブキの射程を把握する事」は重要なポイントです。

②ソイヤの安否は常時確認する

 長射程ブキの敵からソイヤを守る為に、一時的にヤグラを離れて敵陣に侵入せざるを得ない場合があります。この「ヤグラを離れた時」にソイヤがキルされ「ヤグラが奪われた事」に気づかないでいると、カウンターを受けて大量リードを奪われてしまいます。

 大量リードは敵に【勢い】を与えてしまうので絶対に避けなければいけません。ソイヤの安否は常時確認するように心がけ、味方がヤグラに乗っていないのに敵陣側にいる時間を作らないようにしましょう。

③ヤグラの上はいつもキレイに

 ヤグラの上をキレイにする事はソイヤだけの作法ではありません。敵陣の防衛ポイント等「ソイヤが自由に動けない時」にヤグラの上が汚れていたなら、ボムを投げ入れる等して舞台を清めるサポートをしてあげましょう。ワッショイは敵との交戦中も「ソイヤが1カウントでも長くヤグラに乗っていられるように」最大限のサポートを意識しましょう。

④ヤグラの側面を塗り返す

 ヤグラの側面を敵インクで汚したままにしておくと、機動力の高い敵の速攻を受けて「ヤグラを乗っ取られる」場合があります。ワッショイがヤグラ側面を塗り返してあげることで、敵は潜伏状態のままこっそり乗り込めなくなるので、ソイヤのクリアリングを助ける事にもなりますし、逆に、ヤグラを奪われた際にはヤグラを奪還しやすくなります。

⑤ヤグラの全方位の安全に注意する

 ワッショイはヤグラルートの安全確保の為に、基本的にはヤグラの前に出て闘う場面が多くなりますが、当然、頭の良い敵は守りの薄い方向からヤグラを止めようとしますし、全方位から攻撃されるポイントもあります。

 目視できている敵が2人なら、他の2人は「そこじゃない所にいる」のが道理なので、守りの薄い場所を狙われていないか確認しながらワッショイするようにしましょう。

 各ステージのヤグラルートで裏を取られやすいポイントを把握する為にも、日頃から「ソイヤする事」は大事なのです。

❷ワッショイはMF(ミッドフィールダー)

 ガチホコで率先してブチョホコを買って出る勇敢なイカさんタコさんは、ガチヤグラではワッショイを担当する事が多いのではないでしょうか。そのせいか、ブチョホコ(ガチホコのアタッカー)担当とまったく同じ立ち回り方をしているイカさんをよく見かけます。

 でも、ブチョホコとワッショイの仕事は「ぜんぜん違う」のです。

 道なき荒野に「シャチョホコが進める道を切り開く」攻撃的ポジションであるブチョホコがサッカーでいう【FW】(フォワード)だとすれば、ヤグラが予定通りのルートを「安全に進めるように立ち回る」ワッショイは、攻撃と守備の両面を行うポジションなので、【MF】(ミッドフィールダー)に相当するポジションなのです。

 ワッショイは「何処を攻めればヤグラが進むのか?」を考えるのと同時に、「何処を守ればヤグラが止まるのか?」も考えるべきなのです。

 孫子の兵法【第六章・虚実篇】の二節で孫子はこう言っています。

「出其所不趨、趨其所不意、行千里而不勞者、行於無人之地也、攻而必取者、攻其所不守也、守而必固者、守其所不攻也、故善攻者、敵不知其所守、善守者、敵不知其所攻、微乎微乎、至於無形、神乎神乎、至於無聲、故能爲敵之司命」

(その必ず趨く所に出で、その意わざる所に趨き、千里を行いて労れざるは、無人の地を行けばなり。攻めて必ず取るは、その守らざる所を攻むればなり。守りて必ず固きは、その攻めざる所を守ればなり。ゆえに善く攻むる者には、敵、その守る所を知らず。善く守る者には、敵、その攻むる所を知らず。微なるかな微なるかな、無形に至る。神なるかな神なるかな、無声むに至る。ゆえによく敵の司命をなす)

 現代語に訳すと、

「いいか杉元、敵が進めない所に現れ、敵が意図しない所から攻撃をしかけ、千里の距離を進軍しても疲れないのは、敵がいないルートを進軍するからだ。敵のヤグラを攻めれば必ず止めるのは、敵の守りが薄い所から攻めるからだし、味方のヤグラを守れば必ず守り切るのは、敵がヤグラを攻撃できない所で守るからだ。なんだ、腹が減っているのか杉元、ええ?またか杉元、おまえオソマ好きだなぁ。つまり、攻撃が上手なワッショイは相手が何処を守ればいいのかわからなくするし、守備が上手なワッショイは相手がどこを攻めればいいのかわからなくするのだ。ヒンナヒンナ、それはまるで桜鍋の中に溶けたオソマのように形が無く、そしてキムンカムイのように偉大なのだ」


 攻守の両面を行うワッショイは、ブチョホコよりも「カチョホコ」に近い立ち回りが求められます。ホコ篇で「味方がホコを持った時は率先してカチョホコを担当して下さい」と書いたのはこの為です。

 目の前の敵をキルする能力である【個人技】は高ければ高い程良いですし、日頃から鍛えるべき技術ではありますが、スプラトゥーンが「4vs4のチーム戦」である以上【連携】や【戦術】もまた重要なファクターの1つです。

「20キル」しても勝てないマッチングがあったとき、もっと【個人技】を鍛えて「30キル」したら勝てるのかもしれません。しかし、考え方を変えて【連携】や【戦術】も取り入れる事が出来れば【一桁キル】でもっと早く勝つ事が出来るかもしれません。

❸ワッショイの仕事

 ガチヤグラの基本戦術は【勢い】ですが、ソイヤはヤグラの上に固定されているので【勢い】を戦術的に操る事ができるのはワッショイだけなのです。

 では【勢い】を作るにはどうしたら良いでしょうか?

①数的有利を作る

 敵を倒して「数的有利」を作れば【勢い】が生まれます。ただし、ヤグラの進行に関係のない敵を倒してもヤグラ周りに「数的有利」を作れないので【勢い】は生まれません。

②地的有利を作る

 塗り状況が良くないと力を発揮できないブキやギアの味方がマッチングされる事があります。この場合、序盤で敵軍の【勢い】に押されて敵軍インクで塗り固められてしまうと、最初から最後まで押し切られてしまう可能性もあり得ます。

 戦力的に分が悪いと感じた時ほど「塗り意識」を高め、味方が戦いやすい状況を作り、敵に【勢い】を奪われないようにしましょう。

③拠点を制圧する

 どのステージにも通過できれば大量リードを奪える「敵の防衛拠点」が存在します。防衛拠点を制圧する事はチームに【勢い】を生む最大の方法ですが、この勢いは「瞬間最大風速」のようなものなので「制圧するタイミング」が重要です。

 ヤグラが遥か後方にいるのに防衛拠点を攻め落としても、ヤグラが奪われれば【勢い】は相手に移ります。また、防衛拠点は相手も必死に守ろうとするので、実力が拮抗しているバトルでは長時間制圧する事は難しいでしょう。ヤグラが通過するタイミングで防衛拠点の制圧が完了するように味方と呼吸を合わせる事がポイントです。

④相手の【勢い】の根源を押さえる

【勢い】は相手も奪いに来ます。敵軍に優秀な「イカフェッショナル」がいれば常に先手を取られるでしょうし、対人能力の高い「エース・ストライカー」がいれば自由に仕事をさせてもらえません。【勢い】をうまく操れない時は、相手の【勢い】の根源であるキープレイカーを探して自由に仕事をさせないようにしましょう。

 また、敵軍のチャージャーやハイドラ等の「長射程のエース」が原因で【勢い】を奪えない時は、スペシャルを活用したり味方を囮に使ってでも裏取りを試みるべきかもしれません。

 敵軍に強イカがいて【勢い】が奪えない時は、自軍のエースをぶつける他ありません。なるべく自分より強い味方にはソイヤを担当させないようにしましょう。また、自分がエースであることが分かっている場合、敵軍エースとのマッチアップでは相打ち以上に持ち込めるように頑張りましょう。

⑤相手に【勢い】を与えない

 ワッショイはFW(フォワード)ではなく、攻守の両面で忙しく立ち回るMF(ミッドフィールダー)です。攻撃フェーズでは巧みに【勢い】を操って攻めますが、守備フェーズでは相手に【勢い】を渡さないよう(①〜④の仕事をさせないよう)立ち回ります。

 常に敵軍キープレイカーの狙いを読んで動けるよう「最後まで思考を停止させない」賢いチャレンジを続けていきましょう。

巻末コラム

第三回

「言おうと思ったんだ。お前が世界のどこにいても、俺が必ず、もう一度ソイヤしに行くって」

※【ムゥー】2018年2月号より(特集:生まれ変わりの科学「ソイヤ・ゲノム」の謎、他)

 伝説のヤグラ乗りとして語り継がれる「ポポン氏」の名言集、第三回である今回は、世界の不思議に挑戦するミステリーマガジン【ムゥー】での櫓追純一氏との対談での言葉である。

 少年時代、高尾山でタヌキを連れ去ろうとする「ヤグラ型UFO」を発見したポポン氏は、迷う事なくヤグラ型UFOによじ登り「キャトルミューティレーション・ソイヤ!」と叫んだという。

 驚いたUFOがポポン氏を振り落とそうと暴れた為、まだ少年だったポポン氏は落下してしまったそうだ。

 ポポン氏は、この時の「キャトルミューティレーション・ソイヤ失敗の屈辱」を胸に刻み、以来、数々のガチヤグラで「絶対に諦めない!絶対に降りない!」を掲げ、不死身のポポンの伝説を築き上げたのだ。

「今でも、梅の花が咲く時期になると高尾山に登って、あの時のヤグラ型UFOを探してしまうんだよ」と遠い目をするポポン氏に、櫓追純一氏は優しくこう言ったそうだ。

「それ、キャトルミューティレーションじゃなくて、アブダクションだから」

※【キャトルミューティレーション】:家畜(特に牛)の死体の一部が切り取られ、血液がすっかり無くなるという怪現象。
※【アブダクション】:UFOが人や動物を連れ去る行為。
スミス店長

スミス店長

店長のウデマエ

■スプラトゥーン:カンスト(エリア)
■スプラトゥーン2
・エリア、ホコ、ヤグラ:カンスト(旧S+50)
・アサリ:X
【尊敬するイカ】:あとばるさん

カテゴリー:
関連記事