PICK UP !
ラッセーラ(チョイ乗り)

 あと少しで逆転できるときや、リードしている延長戦では、「デス覚悟のソイヤ」が決め手となり得ますが、味方がデスした状況で無理矢理するソイヤは、ほとんどの場合で失敗します。

『ヤグラに乗ればデスする、乗らなければ逆転のチャンスを失う』

 そんな絶体絶命の場面で、「チョット乗ってすぐ降りる」を繰り返し、味方が復帰するまでヤグラをその場に留めるヒーローが、みんなの憧れ『ラッセーラ』なのです。

 ラッセーラー♪ラッセーラー♪ラッセーラッセーラッセーラー♪

❶ラッセーラの作法

 そもそも難易度が高いラッセーラを、格上を相手に成功させることは現実的ではありません。

 自身の「実力」と相手との「実力差」を考え、「ラッセーラするか、それとも逃げるか」の判断が非常に難しいポイントです。

 とはいえ、ラッセーラが出来ると「接戦での選択肢」が増えるので、余裕があればラッセーラも練習してみてください。

①「退路を確保してから」跳ねる

 ラッセーラはいつも「死と隣り合わせ」です。「ヤグラの上で囲まれるよりマシ」くらいの生存率なので、危なくなったらすぐに逃げられるように、「退路を確保」してから跳ねましょう。

②「挟撃されない方向から」跳ねる

 ラッセーラはいつも「数的不利」です。「相手に囲まれない位置」を考えて、最も安全な方向から跳ねましょう。

③ヤグラを「盾」にする

 アナタがラッセーラをしている状況は、相手にとって「ヤグラを奪う絶好のチャンス」です。そして、アナタのラッセーラをみて「イライラした相手」は、焦れて突っ込んでくることがあります。

 ヤグラを盾に身を潜め、回り込んでくる相手を「置きエイム」や「置きボム」で各個撃破(かっこげきは)しましょう。

④味方の「スパジャン」を受ける

 アナタが必死にラッセーラしているときに、味方がスパジャンしてくることがあります。これを「おまっ、ふざけん…」と考えるか、「…チャーンス♪」と考えるか、それも戦術的センスなのです。

 味方の行動はコントロールできないので、なるべく「チャンス」として考える方が建設的ですし、精神衛生上もいいと思います。

 意図的にヤグラ上でスパジャンを受け、味方が到着する前に自分が降りて「ワッショイ」になれば、上手くいけば攻撃フェーズに移行できるかもしれません。

 逆に、相手が「着地狩りしたくなる場所」で受ければ、「着地狩り狩り」で数的不利を無かったことにできるかもしれません。

 この場合、「着地狩り狩り狩り」に注意しなければいけませんが、そんなこと言ったら「着地狩り狩り狩り狩(以下略)

 意味の無い場所でスパジャンを受けるより、「ヤグラに乗せる」か「デコイ(囮)に使う」かして、意味のあるスパジャンに変えてしまいましょう。

⑤危なくなったら逃げる

 デスして前線から離れてしまうより「少しでもヤグラの近くにいる方がマシ」なので、もうダメだと思ったら、ラッセーラは中断して一目散に逃げましょう。

 一時的にカウントリードを奪われたとしても、全滅して「大量リードを奪われるよりはマシ」なのです。

 この「◯◯の方がマシ」というチョイスの積み重ねは、最終的に勝率を左右する判断に繋がるので、普段から大局※1を見て「マシ」をチョイスすることを意識してみると面白い発見があるかもしれません。

※1)囲碁で部分的なせめぎ合いではなく盤面全体の情勢を見る事。

❷カンモンの仕組み

 スプラトゥーン2のガチヤグラからは、「カンモン」という概念が導入されました。カンモンには「狭くなったステージを広く見せる効果」や、「低チックレートを誤魔化す効果」や、「ラグいイカさんがホストになった時の同期ズレを修正する効果」があり、それらを同時に行える素晴らしいアイデアです。ラッセーラの重要性を知るために「カンモン」の仕組みも知っておきましょう。

カンモンの仕組み
  • ①カンモンのカウントが0になるまでヤグラが止まる
  • ②ヤグラに乗っている人数が多い程カウントは速く進む
  • ③カウントが0になる前にカンモンを離れるとカウントが回復する

 攻撃フェーズと守備フェーズの両面でラッセーラが重要なのは、③の仕組みがあるからです。

 カンモンのカウントが0になる前にヤグラが離れてしまうと、「3秒後から毎秒5カウントずつ回復する」ので、敵陣カンモンにいるヤグラはなるべく長く留めたいですし、自陣カンモンにいるヤグラはなるべく早く押し戻したいのです。

「カンモン突破」は両軍の【勢い】を左右する重要なポイントです。たとえ守備フェーズであっても、ヤグラが無人ならラッセーラを使って中央へ戻しましょう。

 ヤグラを自陣から戻す方法はソイヤでもいいのですが、ヤグラに乗ったままの【ヌル】【キル】より、平地での【ヌル】【キル】の方が自由度が高く、押し込まれてしまった状況を早く立て直すには、ヤグラの上にいるよりも「効率がいい」からです。

 もちろん、敵軍を全滅させた場合や数的有利の状況なら、自陣からソイヤをはじめて問題ありませんし、ヤグラ上にソイヤがいた方が士気が上がる場合もありますが、塗り範囲がヤグラルートに固定されるので作業効率は悪くなります。

❸ラッセーラのまとめ

 ソイヤとワッショイを意識して使い分けるだけでも、ガチヤグラの勝率は上がります。

 しかし、ラッセーラを「戦術オプション」とすることで、戦力が拮抗したバトルでの勝つ確率は格段に変わるはずです。

 また、敵陣深くに攻め入ったときのラッセーラは、味方の【勢い】を維持し、チームの勝利を揺るぎないものにすることでしょう。

出典|孫子の兵法(第十一章・九地篇)

兵士甚陷則不懼、無所往則固、深入則拘、不得已則鬪

書き下し文

兵士、はなはだ陥ればすなわち懼れず。往くところなければすなわち固く、深く入ればすなわち拘し、己むを得ざればすなわち闘う。

 これは、孫子の兵法【第十一章・九地篇】の四節で孫子が言っている「敵陣深くに入ってると、いっぱい良い事あるよ」の原文と書き下し文ですが、名古屋弁に訳すとこうです。

現代語訳

 兵士は、でら危険な状況になると、もう危険を恐れんくなるんやて。ほんだで、どこにも逃げ場がなくなると、でらすげー決死の覚悟を固めるがや。ほんだで、敵陣深くに攻め入ると、でら一致団結するもんやて。え?なぁに?スガキヤは全国区だがや。あ、ほんだで、兵士は窮地に追いつめられると、でら必死に戦うってことやて。ほんだで、ヤグラマシーンに乗って敵陣いこまい!

※店長は名古屋でインテリアデザインの勉強をしていた時期があって、こんな話し方をするセンスの良い同期生がいました。休み時間になるとグッピーラムネをくれるとっても優しい子でした。

 孫子は「敵陣に押し込んでる時の兵士は、あれこれ命令しなくても自然に協力して必死に戦うようになる」といっていますし、【勢い】を維持するためにラッセーラはとても有効な戦術なのです。

 ラッセーラは、「敵味方の状況」を把握していないとできないので、「視野」を広げることや「連携」を意識することも必要ですし、数的不利で生き残る「技術」も必要なので、「ウデマエXでも通用する能力」のトレーニングになるかもしれません。

❹巻末コラム

前略、ヤグラの上より|第四回

「乗らねぇイカは、ただのイカだ」

※【日経ソイヤ】2018年6月号より(特集:なぜ7回しか転んでないのに、8回も起きられるのか?七転び八起きのメカニズムから学ぶ働き方改革、他)

 伝説のヤグラ乗りとして語り継がれる「ポポン氏」の名言集、今回は経済週刊誌【日経ソイヤ】独占インタビューの記事からだ。

 ハイカラシティでは「不死身のポポン」として恐れられ、勇猛なイメージが強いポポン氏だが、「攻守の切り替えが早い」など、優れた戦術眼の持ち主であることはあまり知られていない。

美人記者
近頃の若者のヤグラ離れについて、ポポンさんのお考えをお聞かせ頂けますか?
ポポン氏
…乗らねぇイカは、ただのイカだ
美人記者
さすがポポンさん、ハードボイルドなお考えですね!今月、ガチヤグラ運営委員会が発表したデータによると、ヤグラに乗らない10代〜20代の若者のうち「ヤグラに乗りたくない」「あまり乗りたくない」という回答が全体の54%に達したそうです。このデータについてどんな印象をお持ちですか?
ポポン氏
…乗っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ
美人記者
これはまた反逆的でいいですね!男らしい方って魅力的です♪でも、『男らしくみえて実は弱い面もある』っていうギャップにも萌えますね♪あ、ポポンさんはヤグラに乗っているとき、いつもどんな気持ちなんですか?
ポポン氏
……降りちゃ駄目だ、降りちゃ駄目だ、降りちゃ駄目だ
美人記者
えっ、そうなんですか⁉︎人型兵器に乗りたくない少年が勇気を振り絞ってるみたいでキュンキュンしますね♪♪♪
ポポン氏
…宜しければこんど食事にでも
美人記者
私、そのアニメの諜報員の男性キャラのファンなんです♪あっ、最後に、これからガチヤグラに参加する若者に一言お願いします!
ポポン氏
…ま、ソイヤの始まりに理由はないが、終わりには理由がある、ってことだな

 このように、ポポン氏は素早い攻守の切り替えで、美人記者の関心を巧みに引き続け、ついに美人記者の生まれ故郷である京都で結婚式をあげたのでした。

おすすめの記事
ガチホコの3つの役割
ガチホコの3つの役割
 スプラトゥーン2はホコショが強化されたので、率先してホコを担ぐイカフェッショナルには嬉しい仕様になりました。  ガチホコには、ホコ持ちを含め「3つの役割」があります。なるべく分かりやすく解説してみますので、状況によって自由自在に役割を変えるイカフェッショナルとなって、味方チームを勝利に導いてください。 ❶シャチョホコ...
第4話「開幕でしばらく固まったフリして不安にさせてやるノート」業務日報編
第4話「開幕でしばらく固まったフリして不安にさせてやるノート」業務日報編
9月11日(月)くもり 担当:カトル ■AM9:00-10:00・店内清掃、焙煎作業、ランチのサラダ準備。 …準?…しゅんしゅんしゅん... ■AM10:30-11:00・本日のランチを告知ボードに書く。・「旬の野菜と生ハムのダッチベイビー」 …旬?…しゅんしゅんしゅん... ■AM11:00・開店。 …回転?…しゅん...
ガチヤグラの3つの役割
ガチヤグラの3つの役割
 ガチヤグラには「ソイヤ」「ワッショイ」「ラッセーラ」という3つの役割があり、「今どの役割を担当するべきか?」を素早く判断できると勝率が上がります。  一つ一つの役割はとてもシンプルなので、プラベやリグマで練習すればすぐにマスターできると思います。  また、ガチヤグラは、他のどのルールよりも「努力が報われるルール」だと...