タチマワリ・ガチヤグラ篇❺

ラッセーラ(チョイ乗り)

タチマワリ・ガチヤグラ篇❺

タチマワリ【ガチヤグラ篇❺】
CHAPTER 5-5
ラッセーラ(チョイ乗り)

ラッセーラ

【担当内容】ヤグラの位置をキープ
【対人能力】     
【跳人能力】     
【フェス感】     

ラッセーラ

 自分以外の味方がデスしてしまい「ヤグラ周りに自分しかいない状況」で無理にソイヤを担当しても、ほとんどの場合「全滅」が確定します。

 あと数カウントで逆転できる場合は、デス覚悟のソイヤが起死回生の一手になりますが、ヤグラの位置があと少し逆転に届かない場合や、自軍がリードしている場合ならば、なるべく全滅のリスクは避けて「味方の復帰を待ち、攻撃フェーズを続けたい局面」なのです。

 そう、そんな局面で急にまわってくる仕事がみんなの憧れ「ラッセーラ」なのです。

 ヤグラに乗ればたぶんデスしてしまう、でも乗らないとヤグラが中央へ戻ってしまい逆転のチャンスを失う(または相手に逆転のチャンスを与えてしまう)、そんな局面で「チョット乗ってすぐ降りる」を繰り返し、味方が復帰するまでヤグラをその場に留めておく仕事が「ラッセーラ」なのです。

 ラッセーラー♪ラッセーラー♪ラッセーラッセーラッセーラー♪

 店長は、前線にひとりぼっちでいる恐怖に負けないよう声に出して歌いながらやります。

    もくじ
  1. ラッセーラの作法
  2. カンモンの仕組み
  3. ラッセーラのまとめ
  4. 前略、ヤグラの上より【第四回】

❶ラッセーラの作法

 ソイヤやワッショイに比べて「ラッセーラの難易度は遥かに高い」ので、敵軍の戦力が高いマッチングでラッセーラを成功させる事は困難です。自分の対人能力と敵味方の戦力バランスを考慮して「ラッセーラの是非を問う事」は最も大事なポイントです。

 ラッセーラが出来るようになると「接戦を競り勝つアイデア」がひとつ増えるので、いつか訪れるかもしれないそのファンタジーの為にラッセーラの作法も覚えておきましょう。

①退路を確保してから跳ねる

 ラッセーラは死と隣り合わせです。「ヤグラの上で囲まれるよりはちょっとマシ」くらいの生存率なので、危なくなったらすぐに逃げられるように「退路を確保」してから跳ねましょう。

②挟撃されない方向から跳ねる

 ラッセーラを選択する局面はほぼほぼ「数的不利」です。複数の相手に囲まれないように、「背後や頭上から攻撃されない位置」や「敵軍のポジショニング」を考えて最も安全な場所で跳ねましょう。

③ヤグラを盾にする

 こちらが数的不利な状況で行うラッセーラは、相手にとっては「ヤグラを奪う絶好のチャンス」です。そして「ラッセーラに焦れた相手」は突っ込んでくる事があるので、ヤグラを盾に身を潜め「回り込んでくる敵」を置きエイムや置きボムで迎え撃ちましょう。

④味方のスパジャンを受ける

 ラッセーラ中に味方がスパジャンしてくる事があります。これを「迷惑」と考えるか「チャンス」と考えるかも戦術的センスです。ガチマの味方の行動はコントロールできないので、なるべく「チャンス」として考える方が精神衛生上は良いのかもしれません。

 意図的にヤグラの上でスパジャンを受け、自分が「ワッショイ担当」になれば、そのまま攻撃フェーズに移行できるかもしれませんし、敵が「着地狩りしたくなる場所」で受ければ「着地狩り狩り」で数的不利を無かった事にできるかもしれません。

 当然「着地狩り狩り狩り」には十分警戒しなければいけませんが、そんなこと言ったら「着地狩り狩り狩り狩(以下略)

 意味の無い場所でスパジャンを受けるより「ヤグラに乗せる」か「デコイ(囮)に使う」かして意味のあるスパジャンに変えてしまいましょう。

⑤危なくなったら逃げる

 デスして前線から離れてしまうより「少しでもヤグラの近くにいる方がマシ」なので、もうダメだと思ったらラッセーラを中断して一目散に逃げましょう。仮にカウントリードを奪われる結果になったとしても、全滅して大量リードを奪われるよりは「被害を最小限に食い止めた方がマシ」なのです。

 この「◯◯の方がマシ」というチョイスの積み重ねが、最終的に「肉を切らせて骨を断つ局面」に繋がるので、大局(※)を見て「マシな方」を素早くチョイスしたい所です。

※囲碁で部分的なせめぎ合いではなく盤面全体の情勢を見る事。


❷カンモンの仕組み

 ラッセーラは攻撃フェーズだけでなく守備フェーズでも使えます。例えば「ヤグラを自陣から追い返す為」のラッセーラです。

 スプラトゥーン2のガチヤグラには「カンモン」という概念が導入されました。カンモンは、「狭くなったステージを広く見せる効果」や、「低チックレートを誤魔化す効果」や、「ラグいイカさんがホストになった時の同期ズレを修正する効果」があり、それらを同時に行える素晴らしいアイデアなのです。

 このシステムのおかげでヤグラのワープ現象はほとんど見なくなりました。ありがとう任天堂の賢い人。

 では、ラッセーラの重要性を知る為に「カンモン」の仕組みも知っておきましょう。

  • ①カンモンのカウントが0になるまでヤグラが止まる
  • ②ヤグラに乗っている人数が多い程カウントは速く進む
  • ③カウントが0になる前にカンモンを離れるとカウントが回復する

 攻撃フェーズ、守備フェーズ共にラッセーラが重要なのは③の仕組みがあるからです。カンモンのカウントが0になる前にヤグラが離れてしまうと、「3秒後から毎秒5カウントずつ回復する」ので、敵陣カンモンにいるヤグラはなるべく長く留めたいですし、自陣カンモンにいるヤグラはなるべく早く押し戻したいのです。

「カンモン突破」も両軍の【勢い】を左右する重要なポイントです。

 たとえ守備フェーズであっても、自陣カンモンのヤグラが無人ならばラッセーラを使って中央への移動を促しましょう。なぜソイヤではなくラッセーラなのかというと、ヤグラに乗ったままの【ヌル】【キル】より、平地での【ヌル】【キル】の方が自由度が高く、押し込まれてしまった状況を早く立て直すには、ヤグラの上にいるより降りて仕事をした方が「効率が良い」からです。

 もちろん、敵軍を全滅させた場合や数的有利の状況ならば自陣からソイヤをはじめても問題はないですし、ヤグラの上にソイヤがいた方が味方が戦いやすい場合もありますが、塗り範囲がヤグラルートに固定される分、やはり効率は悪くなります。


❸ラッセーラのまとめ

 ソイヤとワッショイを上手に使い分けるだけでヤグラの勝率は上がりますが、ラッセーラを戦術的オプションとして持つことで、拮抗した試合で競り勝つ確率は少し上がると思います。

 そして、敵陣深くに攻め入った時のラッセーラは自軍の【勢い】を保ち、勝利を揺るぎないものにするでしょう。

「兵士甚陷則不懼、無所往則固、深入則拘、不得已則鬪」

(兵士、はなはだ陥ればすなわち懼れず。往くところなければすなわち固く、深く入ればすなわち拘し、己むを得ざればすなわち闘う)

 これは、孫子の兵法【第十一章・九地篇】の四節で孫子が言っている「敵陣深くに入ってると、いっぱい良い事あるよ」の原文と書き下し文ですが、名古屋弁に訳すとこうです。

「兵士は、でら危険な状況になると、もう危険を恐れんくなるんやて。ほんだで、どこにも逃げ場がなくなると、でらすげー決死の覚悟を固めるがや。ほんだで、敵陣深くに攻め入ると、でら一致団結するもんやて。え?なぁに?スガキヤは全国区だがや。あ、ほんだで、兵士は窮地に追いつめられると、でら必死に戦うってことやて。ほんだで、ヤグラマシーンに乗って敵陣いこまい!」

※店長は名古屋でインテリアデザインの勉強をしていた時期があって、こんな話し方をするセンスの良い同期生がいました。休み時間になるとグッピーラムネをくれるとっても優しい子でした。

 孫子は他の章でも「敵陣に押し込んでる時の兵士は、あれこれ命令しなくても自然に協力して必死に戦うようになる」と言っています。この【勢い】をコントロールする為にラッセーラはとても有効な戦術なのです。

 是非、プラベやリグマ等でラッセーラを練習してみて下さい。「敵味方の状況」や「ヤグラの位置」を把握していないと上手く出来ない役割なので、「視野を広げる」事や「連携を意識する」事にも繋がりますし、数的不利な状況で生存する技術でもあるので、「ウデマエXで通用する対人能力を養う事」に繋がるかもしれません。


巻末コラム

第四回

「乗らねぇイカは、ただのイカだ」

※【日経ソイヤ】2018年6月号より(特集:なぜ7回しか転んでないのに、8回も起きられるのか?七転び八起きのメカニズムから学ぶ働き方改革、他)

 伝説のヤグラ乗りとして語り継がれる「ポポン氏」の名言集、第四回である今回は、経済週刊誌【日経ソイヤ】での独占インタビューの言葉である。

 ハイカラシティでは「不死身のポポン」として恐れられ、勇猛なイメージが強いポポン氏だが、「攻守の切り替えが早い」等、戦術眼の持ち主であるという一面はあまり知られていないのではないだろうか。

 日経ソイヤの独占インタビューは、美人記者として有名なルーさんの質問から始まった。


美人記者「近頃の若者のヤグラ離れについて、ポポンさんのお考えをお聞かせ頂けますか?」

ポポン氏「…乗らねぇイカは、ただのイカだ」

美人記者「さすが伝説のヤグラ乗り、ハードボイルドなお考えですね。今月、ガチヤグラ運営委員会が発表したデータによると、ヤグラに乗らない10代〜20代の若者のうち「ヤグラに乗りたくない」「あまり乗りたくない」という回答が全体の54%に達したそうです。このデータについてどんな印象をお持ちですか?」

ポポン氏「…乗っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」

美人記者「これはまた反逆的でいいですね。私、漢らしい人がタイプなんです。あ、でも、実は弱い面もあるっていうギャップにも萌えますよね。ポポンさんはヤグラでソイヤしている時、いつもどんな気持ちで乗っていらっしゃるのですか?」

ポポン氏「……降りちゃ駄目だ、降りちゃ駄目だ、降りちゃ駄目だ」

美人記者「えっ、そうなんですか⁉︎人型兵器に乗りたくない少年が勇気を振り絞って乗ろうとしているみたいでキュンキュンしますね!」

ポポン氏「宜しければこんど食事にでも」

美人記者「私、その少年を見守る諜報員の男性キャラのファンなんです♪最後に、これからガチヤグラに参加する若者に一言お願いします」

ポポン氏「…ま、ソイヤの始まりに理由はないが、終わりには理由がある、ってことだな」


 このように、ポポン氏は素早い攻守の切り替えで、ルーさんの関心を巧みに引き続け、ついに去年、ルーさんの生まれ故郷の京都で結婚式をあげました。
Sponsored Link

タチマワリの最新記事8件

>