リニューアル中のためレイアウト(目次とか)が崩れているトコロがあります。(あと103ページ)

ラグいと起きる10のコト

 ラグを抱えている事は「ズボンのチャックが開いている事」に似ています。本人はチャックが開いている事に気がついていませんし、周りは気がついていないフリをしてしてくれるアレなのです。

 フレンドさんの視線が不自然に泳いでいたり、対戦相手にやたらと煽られる時はPing値の測定をして「オンラインゲームの社会の窓」をチャックしてみ…いやチェックしてみましょう。

ラグを抱えていると?

スプラトゥーンの場合

  1. 同じブキで同時に撃ち合っているのに先にデスする。
    (システム上は相手の弾が先に当たっている)
  2. エイムは合っているはずなのに直撃しない。
    (画面上の敵の位置とシステム上の敵の位置が違う)
  3. ギリギリかわしたはずの弾やボムに当たる。
    (画面上の自分の位置とシステム上の自分の位置が違う)
  4. 届くはずのない短射程ブキの弾に当たってデスする。
    (画面上の敵の位置とシステム上の敵の位置が違う)
  5. イカダッシュや人移動が遅い。
    (コントローラーが原因の可能性も)
  6. ZRボタンを入力してから相手にインクが着弾するまでの時間が遅れる。
    (画面上の着弾とシステム上の着弾にラグがある)
  7. Lスティックを操作してから実際にイカが動き出すまでの時間が遅れる。
    (画面上の自分の位置とシステム上の自分の位置が違う)
  8. ホコに触れてから担ぐモーションまでに一瞬の間がある。
    (ホストプレイヤーの回線がラグい可能性)
  9. ヤグラに乗ってからヤグラが動くまでに一瞬の間がある。
    (ホストプレイヤーの回線がラグい可能性)
  10. 平地を移動しているときや段差で瞬間移動する。
    (同期ズレによるワープ現象)

 等々、ラグによる不利益はとてつもなく大きいのですが、対戦相手のプレイ画面と自分のプレイ画面を見比べることは不可能なので、「自分がラグを抱えていること」に気が付いている人はあまり多くないようです。

 3フレーム(50ミリ秒)程度の遅延なら、初心者でもラグを知覚できるのですが、2〜3フレーム(30ミリ秒)ほどの遅延(微ラグ)になると肉眼で視認することが不可能※1なので、熟練プレイヤーだけが「違和感」として感じるレベルなのだそうです。

 ヘビーユーザーほど「自分のラグにストレスを感じる」傾向にあり、ライトユーザーほど「自分のラグに気がついていない」といえるかもしれません。

 ゲームの勝ち負けにこだわらないライトユーザーの通信環境は、これからもきっと改善されることはないので、対戦相手のラグにイライラしても意味がないかもしれません。

 変えられるのは自分の通信環境だけなのです。でも、ラグってそもそも何なのでしょうか?

※1 エセックス大学(イギリスの国立大学)の研究では、FPSプロゲーマー上位勢の反応速度は「戦闘機のパイロットと同レベル」だったそうで、1フレームの遅延を100%言い当てた人もいるそうです。

スミス店長

スミス店長

店長のウデマエ

■スプラトゥーン:カンスト(エリア)
■スプラトゥーン2
・エリア、ホコ、ヤグラ:カンスト(旧S+50)
・アサリ:X
【尊敬するイカ】:あとばるさん

カテゴリー:
関連記事