CATEGORY

タチマワリ

    • 2019年3月21日
    • 2020年9月27日

    ガチエリアの基本戦術

    タチマワリ【ガチエリア篇❶】CHAPTER 3-1ガチエリアの基本戦術  最も考える事が少ないシンプルなガチルールです。エリアの範囲が狭くなった事で逆転が容易になった結果、対人能力の高いチームが一方的に勝つ試合が増えました。マッチングシステムに抗っていきましょう。  ガチエリアは書くことが少ないので […]

    • 2019年3月20日
    • 2020年9月27日

    リザルトの話

    タチマワリ【基本篇❺】CHAPTER 2-5リザルトの話 ※リザルト【result】:結果。または結果としての勝敗や戦績を指す言葉。  スプラトゥーン2のリザルト画面は「キル数」と「スペシャル使用数」しか表示されません。  このシンプルなリザルトは実に奥が深く、正しい見方が出来ると自分に足りない要素 […]

    • 2019年3月20日
    • 2020年9月27日

    ブキの話

    タチマワリ【基本篇❹】CHAPTER 2-4ブキの話  イカスミ流タチマワリは「撃ち合いより立ち回りで勝つ」がコンセプトですし、ブキは細かい修正が入ったりするし、その度に更新する手間を想像すると涙が出るし、正直あまりブキには触れたくありません。  でも、タチマワリを語る上でどうしても必要な範囲に絞っ […]

    • 2019年3月20日
    • 2020年9月26日

    裏取りという戦術

    タチマワリ【基本篇❸】CHAPTER 2-3裏取りという戦術  裏取りには肯定派と否定派がいて、両派閥が同じチームにマッチングされると上手く連携が取れない事があります。  どっち派のイカさんが来ても対応できるようにしておくとチョッピリ勝率が上がります。 ❶そもそも裏取りってなーに?  裏取りの「裏」 […]

    • 2019年3月20日
    • 2020年9月26日

    前線という概念

    タチマワリ【基本篇❷】CHAPTER 2-2前線という概念  FPS/TPSでは「前線を維持する」とか「前線を押し上げる」という言葉をよく使いますが、敵と味方が交戦している場所を【戦線】と呼び、その中で最も敵陣に近い場所を【前線】と呼びます。  中でも激しく交戦している場所を【最前線】って言ったりし […]

    • 2019年3月20日
    • 2020年9月26日

    ガチルールの難易度

    タチマワリ【基本篇❶】CHAPTER 2-1ガチルールの難易度  各ルールの難易度は、あなたのイカタイプや現在のウデマエによって異なると思います。 『ガチホコ』は基本行動【キル】【ヌル】と、ガチ行動【モツ】を同時に行えるので、シャドー・ストライカーやイカフェッショナルにとっては「難易度が低い」と言え […]

    • 2019年3月20日
    • 2020年9月26日

    イカフェッショナルのすすめ

    タチマワリ【始計篇❺】CHAPTER 1-5イカフェッショナルのすすめ  さて、アナタのプレイスタイルに最も近いのはどのイカタイプだったでしょうか?  アナタが【ウデマエX】を目指すイカさんやタコさんだと仮定して話を進めますが、この項のタイトルの通りこの先は強制的に「イカフェッショナル」へ続く一本道 […]

    • 2019年3月19日
    • 2020年9月26日

    イカタイプ(全9種)

    タチマワリ【始計篇❹】CHAPTER 1-4イカタイプ(全9種)  ガチマッチには9種類のイカさんが生息しています。タチマワリを理解する上で、とても大事な要素になるのでここでしっかり覚えておきましょう。また、今後のタチマワリの指針にもなるので『アナタに最も近いイカタイプ』を探してみてください。 もく […]

    • 2019年3月12日
    • 2020年9月25日

    タチマワリってなーに?

    タチマワリ【始計篇❸】CHAPTER 1-3タチマワリってなーに?  突然ですが、スプラトゥーンの【基本行動】は2つしかありません。立ち回りを複雑に捉えず「シンプルに理解する」為にも、少し基本に立ち戻ってみましょう。 基本行動 ①【ヌル】 ・床や壁をインクで塗って「地的優位」を作る。 ②【キル】 ・ […]

    • 2019年3月10日
    • 2020年9月25日

    ウデマエは飾りです

    タチマワリ【始計篇】CHAPTER 1-2ウデマエは飾りです  ウデマエを上げる為のコンテンツで、こんな事を言うのもどうかと思いますが「ウデマエは飾り」です。  特にスプラトゥーン2のウデマエの飾りっぷりは凄くて、「S+0」と「S+1」はすぐ隣なのに、その実力差は大阪の阿倍野区と西成区の治安くらい違 […]

    >