ラグの対策・中級編❷

LANアダプターを替える

ラグの対策・中級編❷
スポンサーリンク

ラグの対策【中級編❷】

 中級編まで読み進み、リヴァイ兵長に尋問されたら「調査兵団に入って・・・とにかくラグをぶっ殺したいです」と答えるであろうアナタが、よもや Wi-Fi でオンラインゲームをしている訳が無いと思いますが(※)、割と多いニアミスが「Wii U」で使っていたLANアダプターをそのまま「Switch」に流用しているというパターンです。

※【番外編】Wi-Fi (無線LAN)がオンラインゲームに向いてない理由:参照

created by Rinker
任天堂
¥850 (2020/09/23 16:54:23時点 Amazon調べ-詳細)

 この子のデザインはNintendoっぽくて好きなのですが、他の機材のパフォーマンスを充分に発揮できない原因になる上に、そもそもSwitchのスペックに合っていないのでなるべく早めに別の製品に交換しましょう。

 この章では「Wii専用 LANアダプターがダメな理由」と、「どんなLANアダプターを選べば良いか」をお話します。LANアダプターは家電量販店に行けば手頃な価格で手に入るので、よく確認してからお出かけしましょう。

 また、お店でこのサイトを閲覧しながら製品を探している方は「スプラトゥーン楽しいなぁ♪イカスミカフェは勉強になるなぁ♪」と大きめに言うと、探している製品が早く見つかるかもしれません。(店員さんを探しましょう)

    もくじ
  1. 有線LANの規格
  2. USBの規格
  3. オススメのLANアダプター

❶有線LANの規格

 有線LANには通信速度の異なるいくつかの規格があります。

  • 【10BASE-T】:10Mbps
  • 【100BASE-TX】:100Mbps
  • 1000BASE-T】:1Gbps
  • 【10GBASE-T】:10Gbps

※10Mbps=1秒間に10メガバイトのデータをやりとり出来るという意味
※1Gbps=1000Mbps
※【1000BASE-TX】っていう規格もありますが全然普及しなかったので割愛します。

 Switchは「1000BASE-T」に対応していますが【Wii 専用LANアダプター】は「10BASE-T」と「100BASE-TX」にしか対応していません。つまり、自宅のインターネット回線がフレッツ光などの1Gbpsだったとしても、Switchは100Mbpsまでの速さでしか通信できなくなるのです。

 もちろん、オンライン対戦にとって重要なのは転送速度ではなく、応答速度(PING値)ですが、10年以上前のコントローラチップが現行バージョンのチップより性能が良い訳がなく、大型アップデート時のDLに時間がかかる原因になります。そして、【Wii 専用LANアダプター】の細いケーブルはノイズに対しても不安ですね。


❷USBの規格

 LANアダプタはSwitchのUSB端子に接続して使いますが、USB端子にも転送速度の異なる規格があり、当然ですが新しい規格ほど速くなります。人類はとっても急いでいるのです。

  • 【USB 1.1】:12Mbps
  • 【USB 2.0】:480Mbps
  • 【USB 3.0】:5Gbps(5000Mbps)
  • 【USB 3.1(Gen1)】:5Gbps
  • 【USB 3.1(Gen2)】:10Gbps

【Wii 専用LANアダプタ】は「USB 2.0」までしか対応していませんが、Switchは今後のアップデートで「USB 3.0」に対応します。ハードウェア(物理的な端子)は「USB 3.0」なのですが、ソフトウェア(Switchを動かしているプログラム)はまだ対応していないという程の意味です。

 「備えあれば嬉しい♪」なので、今のうちに準備しておきましょう。ちなみに端子の色が青い子が USB 3.0 の特徴です。

usb3.0

SwitchにUSB 3.1のLANアダプターは使えるの?

 USB 3.1は、USB 3.0 / 2.0 / 1.1 と互換性があるので、Switchでも使用することが出来ます。ただし、USB 3.1(Gen1)は、そもそもUSB 3.0と同等の規格ですし、USB 3.1(Gen2)は10Gbpsの転送速度を持っていますが、Switch側のUSB端子はアップデートしても「USB 3.0」なので「USB 3.0の規格」で動作します。


❸オススメのLANアダプター

 規格が同じなら性能も同じように思えますが【規格=基準】でしかないので【品質】とはまったく関係がありません。

 例えば「THX社の厳しい音響規格に合格したオーディオ機器は全メーカー同じ音質である」なら高級オーディオメーカーは倒産してしまいます(同じなら安い方がいい)。

 LANアダプタの中には「コントローラチップ」という小さな部品が入っていて、コントローラチップが「ASIX社製」なのか、「Realtek社製」なのか、はたまた「Intel社製」であるのか、この違いだけでも性能や品質、マシンとの相性に影響します。

 Switchでの動作確認がしっかりされていてる製品をチョイスしましょう。


YSLA-001JP

YOSH:中国 中国

  • USB:3.0
  • 1000BASE-T
  • Switch 動作確認済み
YOSHTECH LANアダプター

『アルオイル?なにその新素材…!?』って思って調べたら「モロッコのサハラ砂漠にしか存在しない木【アルガンツリーの実】の100kgから僅か1ℓしか取れない貴重なオイル」って出てきて『すごっ!それ使うとどーなるん…!?』ってちょっと興奮しました。…たぶん、アルミホイルの事です。

YOSH LANアダプター

 デザインが好みだったので購入しました、値段の割に安定して動作します。


ETG5-US3

I-O DATA:日本 日本

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥1,800 (2020/09/23 16:54:24時点 Amazon調べ-詳細)
  • USB:3.1 Gen 1(USB 3.0)
  • 1000BASE-T
  • Switch 動作確認済み

 なぜか Amazon の紹介文に「1000BASE-TX対応」って書いてあるのですが、公式の仕様は「1000BASE-T」なので注意。


おすすめバナー

LUA4-U3-AGTE

BUFFALO:日本 日本

  • USB:3.0
  • 1000BASE-T
  • Switch 動作確認済み
LUA4-U3-AGT_03

 さすがBUFFLO、極太のケーブルがノイズと闘う姿勢を示しています。通信中にLEDが点灯してどの規格で通信しているか教えてくれる優れもの、長時間の使用でもかなり安定して動作します。


店長おすすめバナー

EDC-GUA3A-B

エレコム:日本 日本

  • USB:3.0
  • 1000BASE-T
  • Switch 動作確認済み

 以前オススメしていた店長使用のLANアダプターがもう生産されていなかったので、その後継機にあたるGUA3Aに変更しました。


【要検討】
AE3101X1

Amazonベーシック:アメリカ アメリカ

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥1,680 (2020/09/23 16:54:24時点 Amazon調べ-詳細)

「高品質」「高コスパ」で有名なAmazonベーシックの製品なので、性能はまったく問題ありません。ただ、ケーブル部分の長さが短すぎて Switch との接続にコツがいるので要検討です。


【要検討】
いっぱいささるやつ

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥3,082 (2020/09/23 22:59:32時点 Amazon調べ-詳細)

 USBハブを兼ねている子達はUSBポートを増設できるので、スマホを充電しながら遊べたりして便利なのですが、本体の電力不足やノイズの原因になるので要検討です。

スポンサーリンク
>