Ping値の測定

 競技性の高いオンラインゲームにおいて「ラグの有無」は勝敗を決定づけると言っても過言ではありません。

【Ping】は「回線速度」より遥かに正確に『オンラインゲームのラグ』を数値化する事ができるので、回線のラグの有無を知りたい場合は、「回線速度」ではなく【Ping】を測定しましょう。

Pingってなーに?

Ping値

【Ping】は、ピンとか、ピングとか読みます。

Packet INternet Groper

 の略という説は「デイヴィッド・L・ミルズ」って賢い人(計算機工学者)がこじつけたバクロニム※1なので、正しくは潜水艦などの「ソナー(音波)」って程の意味なのです。

※1 バクロニム:ある単語の各文字を使って新たに意味を持たせたもの。

本来は「ネットワークの疎通を確認」するための検査コマンド

本来の【Ping】は、ネットワークが正しく動作しているかをチェックする検査コマンドの名前です。

「コンピューターA」が「コンピューターB」に対して「パケット(データの塊)」を送信し、そのパケットがちゃんと返ってくるかをテストして、「ネットワークの疎通」を確認するものなのです。

通信をしている2台のパソコン
(ネットワークの疎通を確認)

 このとき、パケットの往復時間(RTT)もついでに計測され、「ネットワークの応答速度」を数値化できるので「ラグの有無」を知ることに応用されています。

 なので、厳密には「RTTの測定」が正しいのですが、オンラインゲームの普及に伴い、「若者言葉」として【Ping値】が広く認知されているので、イカスミカフェでは「Ping値の測定」と表現することにしました。

 スパゲッティって言うより、パスタって言う方がなんかカッコいいからなのです。

Ping値の目安

Ping値FPS/TPS/格ゲー動画の視聴
1ms〜9ms安定関係なし
10ms〜29ms普通関係なし
30ms以上微ラグ(2〜3フレームの遅延)関係なし
50ms以上ラグ(3フレーム以上の遅延)関係なし
100ms以上強ラグ(まともにプレイできない)関係なし

 前述の通り【Ping】はネットワークの疎通とその応答速度を数値化したものなので、「ネットサーフィン」や「動画の視聴」や「競技性の低いオンラインゲーム」にはまったく関係がありません。

 たとえば「100ms(0.1秒)のラグがある回線」で動画を再生したとしても、再生ボタンを押してから動画が始まるまでに「0.1秒のラグがあるだけ」なので何の不便もありません。

 しかし、スプラトゥーンやApexなどのFPS/TPSでは「2〜3フレームの遅延」が勝率を大きく左右しますし、スマブラやストリートファイターなどの格闘ゲームでは「1フレームの遅延」が勝敗を分け、上位勢との決定的な差を生みます。

なるべく東京サーバーで測定する

東京から離れるほどPing値は高くなる

東京に集中する海底ケーブル

 Nintendo Switch や PlayStation などはマルチプレイで利用するサーバーに Amazon.com の「AWS(Amazon Web Services)」を採用しています。

 セキュリティ上の理由からAWSの設置場所が公にされることはありませんが、オンラインゲームのサーバーは日本のプレイヤーがなるべく平等な条件でプレイできるように、また世界のプレイヤーとスムーズな通信が行われるように、海底ケーブルやプロバイダーの基地局が集中している東京に設置されている場合がほとんどです。

 このため、東京から遠い場所に住んでいるプレイヤー程ラグを抱えている可能性が高くなります。

 ラグの有無を正確に測定したい場合は、パケットの送信先を必ず「東京サーバー」に設定するようにしましょう。

Ping値には距離的な限界がある

 光信号は「1km 」で「 5μs(マイクロ秒)」遅延するので、「1000km」で「5ms」遅延します。

 Ping値は往復で計算するので「大阪→東京(400km)」では「4ms以上」、「北海道→東京(800km)」では「8ms以上」の遅延が必ず発生する事になります。

北海道と大阪のPing値の差

 しかし、店長がボランティア活動などで地方に滞在した際、現地で実際に測定した結果では『大阪府大阪市→東京』では平均「10ms」、『北海道札幌市→東京』では平均「30ms」程でした。

「大阪→東京(400km)」と「札幌市→東京(800km)」の距離は2倍なのに、Ping値が3倍になるなのはなぜでしょうか?

北海道の海底ケーブル

 実際の光ケーブルは、地方から東京まで一直線に施設されているのではなく、各都道府県に設置された中継地点を経由しながら施設されているからなのです。

 特に、北海道や九州や四国などでは、海の底深くに沈む「海底ケーブル」を経由するので、地図で見るよりも長い距離を通っています。

 このように「Ping値」には住んでいる場所から東京サーバーまでの「距離的な限界値」があり、「回線業者」や「プロバイダー」を変えても改善しない場合があるので注意が必要です。

【精度低】ブラウザでPing値を測定

 スマホやパソコンのブラウザを使って簡易的にPing値や回線速度を測定する方法です。デバイスの性能、ブラウザの性能、測定サイトの混雑等の影響を受けるので測定した数値にムラがあります。

FAST.com【オススメ】

 Netflixが運営している測定サイト。サーバーの場所は選べませんが、Netflixはほとんどのオンラインゲームが利用する「AWSサーバー」を採用しているので、ブラウザ系では最も信頼できる測定サイトです。

【FAST.com】の使い方

  1. STEP

    FAST.com にアクセス

    自動で「回線速度」の測定がはじまります。

  2. STEP

    「詳細を表示」をタップ(クリック)

  3. STEP

    Ping値をチェック

【レイテンシ】:Ping値のこと

アンロード済み

回線を利用しているのが自分だけの場合の応答速度。

ロード済み

同じ回線で妹がゲームの大型アップデートをしていたり、お父さんが動画のストリーミング再生をしていたりする場合の応答速度。

インターネットスピードテスト

インターネットスピードテスト

 USEN(GATE 02)が運営している測定サイト。サーバーの場所は選択できません。Ping値は物理的にありえないくらい良い数値が出る時があるので、自動で最寄りのサーバーに繋がるシステムなのかも?

【インターネットスピードテスト】の使い方

  1. STEP

    インターネットスピードテスト にアクセス

  2. STEP

    「測定開始」をタップ(クリック)

  3. STEP

    Ping値をチェック

JITTER

 測定結果のバラツキのこと。JITTER値が常に高いネットワークは不安定なので、通信エラーやラグを引き起こします。

BANDWIDTH PLACE

BANDWIDTH PLACE

 Bandwidth Place(アメリカ)が運営している測定サイト。ブラウザ版では珍しく「東京サーバー」と「大阪サーバー」が選べるのですが、測定値にムラがあるので参考までに。

【BANDWIDTH PLACE】の使い方

  1. STEP

    BANDWIDTH PLACE にアクセス

  2. STEP

    Pingを送信するサーバーを選択

  3. STEP

    「Tokyo,jp」を選択

  4. STEP

    Ping値をチェック

SPEEDTEST

SPEEDTEST

 Ookla(アメリカ)が運営する世界で最も有名で最も利用者の多い測定サイト。

【SPEEDTEST】の使い方

  1. STEP

    SPEEDTEST にアクセス

  2. STEP

    「Change Server」を選択

    ※スマホ版はサーバーを選択できません。

  3. STEP

    東京のサーバーを選択

    ※『i3D.net』がない場合は適当な東京サーバーを選択。

  4. STEP

    「GO」をタップ(クリック)

  5. STEP

    Ping値をチェック

【精度中】アプリでPing値を測定(iOS版のみ)

 プロのネットワークエンジニアが実際に現場で使用するアプリを紹介します。

 英語版しかありませんが、ブラウザで測定するより正確な数値を測定できるのでオススメです。

Ping – network utility【オススメ】

【Ping – network utility】の使い方

  1. STEP

    パケットの送信先を入力

     1番上のフォームに「google.co.jp」を入力します。

  2. STEP

    「Ping」をタップ

     右上の「Ping」をタップすると測定スタート。

  3. STEP

    「Stop」をタップ

    「Stop」をタップするまでずっとPingを送り続ける健気な子なので、適当なところ(5回〜10回)で止めます。

  4. STEP

    Ping値をチェック

  5. STEP

    その他の値もチェック

チェックポイント
  1. 【Received】:送信したPingが返ってきた回数です。
  2. 【Avg】:Pingの平均値です。
  3. 【Lose】:「パケットの損失率」この数値が高い回線はラグを抱えている可能性があります。ネットワークの性能に対してMTU値が高く設定されすぎていないかチェックしましょう。ルーターの再起動で改善する場合もありますが、プロバイダーに相談しても改善しない場合はゲーミングプロバイダーの導入も検討してみてください。
  4. 【Stddev】:標準偏差のことなので「データのばらつき」って程の意味です。

※Pingは自分が利用しているネットワークの検査コマンドなので、「nintendo.co.jp」にPingコマンドを送信するのはやめましょう。同じIPアドレスから頻繁にPingコマンドを送信するとあらぬ誤解を招く恐れがあります。google先生はみんなの先生だからOK。

【精度高】パソコンでPing値を測定

[コマンドプロンプト]でPing値を測定【Win】

[コマンドプロンプト]の使い方【Win】

  1. STEP

    [コマンドプロンプト]を起動

    • win8/8.1 以降
      [画面右下を右クリック]→[メニュー]→[コマンドプロンプト]
    • win7 以前
      [スタートメニュー]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]
  2. STEP

    下記の「コマンド」を送信

    ping www.google.co.jp]を入力して[Enter]を押す。

  3. STEP

    Ping値のチェック

[ネットワークユーティリティ]でPing値を測定【Mac】

[ネットワークユーティリティ]の使い方

  1. STEP

    [Spotlight]で「ネットワークユーティリティ」を検索

    [command+スペースバー]を押して[Spotlight]を開き、「ネットワークユーティリティ」を検索する。

  2. STEP

    [ネットワークユーティリティ]を起動

    [ネットワークユーティリティ]を起動。(ダブルクリック)

  3. STEP

    あれこれ設定する

    1. [Pingタブ]を選択
    2. [Pingコマンドを送信するネットワークアドレスを入力してください]に[www.google.co.jp]を入力
    3. [送信回数]に[4]を入力
  4. STEP

    Pingを送信する

    [Ping]送信ボタンをクリック。

  5. STEP

    Ping値をチェック

     最後の行の数字を確認。左から「最小Ping値」「平均Ping値」「最大Ping値」[標準偏差(データのばらつき)」

    Ping値の目安

スミス店長

スミス店長

店長のウデマエ

■スプラトゥーン:カンスト(エリア)
■スプラトゥーン2
・エリア、ホコ、ヤグラ:カンスト(旧S+50)
・アサリ:X
【尊敬するイカ】:あとばるさん

カテゴリー:
関連記事