Ping値の測定(オンラインゲームのラグをテスト)

 競技性の高いオンラインゲームにおいての「ラグの有無」は、勝敗を決定づけるといっても過言ではありません。

 通信品質に勝率を左右されるのはもったいないので、Ping値は定期的にチェックして、「オンラインゲームのラグ対策」に利用することをオススメします。

❶回線速度と応答速度(Ping値)

①回線速度は量(Mbps)

 インターネットの回線速度(通信速度)は、「Mbps(メガビーピーエス)」などの単位で表され、「1秒間に送受信可能なデータ量」を測定します。

 データ量が多い「4K動画の再生」、「大型アップデート」などは、回線速度が速い方が快適です。

②応答速度は質(ms)

 インターネットの応答速度(Ping値)は、「ms(ミリセコンド)」などの単位で表され、「コンピュータが送信したパケット(データの塊)の到達時間」を測定します。

 ダメージ判定や当たり判定の遅延が影響する「スプラトゥーン」、「スマブラ」、「バーチャファイター」などは、応答速度(Ping値)が速い方が快適です。

③Ping値の目安

Ping値FPS/TPS/格ゲー
1〜9ms安定
10〜29ms普通
30ms
以上
微ラグ
(2〜3フレーム遅延)
50ms
以上
ラグ
(3フレーム以上遅延)
100ms
以上
強ラグ
(プレイできない)
1ms=0.001秒/1フレーム=0.016秒

❷スマホで測定する方法

 スマホでの測定は「Wi-Fi 接続」での結果になるため、参考程度にチェックしたいときにオススメです。

①「ブラウザ」で測定する

 Netflixが運営する測定サイト。Netflixはほとんどのオンラインゲームが使用する「AWSサーバー」を採用しているので、信頼できる測定サイトです。

FAST.com の使い方

1.「FAST.com」にアクセス

 アクセスすると自動で測定がはじまります。

2.「詳細を表示」をタップ

アップロード速度の測定がはじまります。

3.「Ping値」をチェック

  • ❶レイテンシ(Ping値のこと)
    • 「アンロード済み」:回線を利用しているのが自分だけの場合の応答速度。
    • 「ロード済み」:同じ回線で妹がゲームの大型アップデートをしていたり、お父さんが動画のストリーミング再生をしていたりする場合の応答速度。
  • ❷サーバー(パケットを送信するサーバー)
    • プロバイダーの基地局は東京に集中しているので、オンラインゲームのラグをチェックする場合は「東京」を基準にPing値を調べる方がいいと思います。
Ping値の目安
Ping値FPS/TPS/格ゲー
1〜9ms安定
10〜29ms普通
30ms
以上
微ラグ
(2〜3フレーム遅延)
50ms
以上
ラグ
(3フレーム以上遅延)
100ms
以上
強ラグ
(プレイできない)
1ms=0.001秒/1フレーム=0.016秒

②「スマホアプリ」で測定する

Speedtest - インターネット速度

Speedtest - インターネット速度

Ookla無料posted withアプリーチ

 世界中のネットワークエンジニアが厚い信頼を寄せる、「Ookla(アメリカ)」が開発したアプリ。ブラウザ版もありますが、スマホはテストサーバーを選べないのでアプリ版をオススメします。

Speedtest(アプリ版)の使い方

1.「Speedtest」を起動する

2.「テストサーバー」を変更する

 画面下部のタブ(ボトムシート)にある、「テストサーバーを変更する」をタップ。

 検索フォームに「tokyo」を入力します。

 東京ならどこでもいいのですが、店長は「Nintendo Wii」や「PlayStation」などのゲームサーバーに関わっていた「i3D.net」を選んでいます。

3.スタートをタップ

ぐるぐるぐる〜

4.「Ping値」をチェック

Ping値の目安
Ping値FPS/TPS/格ゲー
1〜9ms安定
10〜29ms普通
30ms
以上
微ラグ
(2〜3フレーム遅延)
50ms
以上
ラグ
(3フレーム以上遅延)
100ms
以上
強ラグ
(プレイできない)
1ms=0.001秒/1フレーム=0.016秒

❸パソコンで測定する方法

「有線LAN接続」のパソコンで測定することにより、精度の高い結果が期待できます。

①「ブラウザ」で測定する

 Ookla(アメリカ)が運営する、世界で最も有名で最も利用者の多い測定サイト。

Speedtest(ブラウザ版) の使い方

1.「Speedtest」にアクセスする

 自動で最寄りのテストサーバーが選ばれています。

2.サーバーを「東京」に変更する

「Change Server」をクリックします。

 Searchフォームに「tokyo」を入力します。

 東京ならどこでもいいのですが、店長は「Nintendo Wii」や「PlayStation」などのゲームサーバーに関わっていた「i3D.net」を選んでいます。

3.「GO」をタップ(クリック)

4.「Ping値」をチェック

Ping値の目安
Ping値FPS/TPS/格ゲー
1〜9ms安定
10〜29ms普通
30ms
以上
微ラグ
(2〜3フレーム遅延)
50ms
以上
ラグ
(3フレーム以上遅延)
100ms
以上
強ラグ
(プレイできない)
1ms=0.001秒/1フレーム=0.016秒

②「Windows」で測定する

 Windows の「コマンドプロンプト」というプログラムを使って、Ping値を測定する方法を解説します。

コマンドプロンプトの使い方

1.「コマンドプロンプト」を起動

win8/8.1 以降

[画面右下を右クリック]→[メニュー]→[コマンドプロンプト]

win7 以前

[スタートメニュー]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]

2.コマンドを実行

 コマンド[ping www.google.co.jp]を入力して「Enterキー」を押します。

3.「Ping値」をチェック

Ping値の目安
Ping値FPS/TPS/格ゲー
1〜9ms安定
10〜29ms普通
30ms
以上
微ラグ
(2〜3フレーム遅延)
50ms
以上
ラグ
(3フレーム以上遅延)
100ms
以上
強ラグ
(プレイできない)
1ms=0.001秒/1フレーム=0.016秒

③「Mac」で測定する

 Mac の「ターミナル」というアプリケーションを使って、Ping値を測定する方法を解説します。

ターミナルの使い方

1.「ターミナル」を起動する

[commandキー]+[スペースキー]を押して「Spotlight」を開き、「ターミナル」を検索して起動します。

2.コマンドを実行

 コマンド[ping -c 5 www.google.com]を入力して「Returnキー(Enterキー)」を押します。(※[-c 5]=パケットを5回送信するコマンド)

3.「Ping値」をチェック

 5回分の測定結果が表示されるのでチェックしましょう。

Ping値の目安
Ping値FPS/TPS/格ゲー
1〜9ms安定
10〜29ms普通
30ms
以上
微ラグ
(2〜3フレーム遅延)
50ms
以上
ラグ
(3フレーム以上遅延)
100ms
以上
強ラグ
(プレイできない)
1ms=0.001秒/1フレーム=0.016秒
スプラトゥーン3【Amazon限定】
おすすめの記事