アイキャッチ・ラグの対策・中級編❻

【v6プラス】についての注意

アイキャッチ・ラグの対策・中級編❻
Sponsored Link

ラグの対策【中級編❻】

 至る所で「オンラインゲームに向いている」と宣伝され、「【基本編】④ラグい方が有利じゃないの?」でも少し触れたv6プラスですが、イカスミカフェは基本的にv6プラスはオススメしません。「基本的に」というのは、アナタがインターネットを利用している場所の「インターネット利用者数」や、契約しているプロバイダーの設備の関係で、「v6プラスにしないと混雑時に通信速度を確保できない場合」があるからです。回線業者とプロバイダーの話をする前に僭越ながら少しだけv6プラスの注意点をお話させて頂きます。

※あくまでも個人の見解なので、プロバイダーを選ぶ際の参考にして頂ければと思います。


v6プラスってなーに?

 インターネットを利用する為には「通信しているのが誰なのか?」を区別する為に、ネット上の住所にあたる「IPアドレス」が必要です。このIPアドレスは【ICANN:アイキャン】(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)という組織が管理していて、プロバイダー等に割り当ててくれます。

【ICANN(世界のIPアドレスを管理)】→【APNIC(アジアのIPアドレスを管理)】→【JPNIC(日本のIPアドレスを管理)】→【契約しているプロバイダー】→【アナタ】

 従来のIPv4方式のアドレス(例:192.0.001.0)は32bitで構成されているので「2^32通り(約43億通り)」の組み合わせのIPアドレスが作れます。

 しかし、我らが母星「地球」には、現在70億人くらいのフレンドさんが暮らしているので、全員でマリオカートをしようとすると、37億人くらいのフレンドさんがインターネットに接続できなくなり、もう、なめこを育てるくらいしかすることがありません。

 そこで、新しくIPv6方式のアドレス(例:2001:0db8:xxxx:678:90ab:cdef:xxxx:0123)を作りました。今度は128bitで構成されているので「2^128通り(約340澗(かん)通り)」の組み合わせでIPアドレスを作れます。

( ˘ω˘)スヤァ…

 澗(かん)という単位がピンと来ないので一緒に数えてみましょう。

・一(いち)
・十(じゅう)
・百(ひゃく)
・千(せん)
・万(まん)
・億(おく)
・兆(ちょう)
・京(けい)
・垓(がい)
・秭(じょ、し)
・穣(じょう)
・溝(こう)
・澗(かん)←ココ
・正(せい)
・載(さい)
・極(ごく)
・恒河沙(ごうがしゃ)
・阿僧祇(あそうぎ)
・那由他(なゆた)
・不可思議(ふかしぎ)
・無量大数(むりょうたいすう)

 つまり「いっぱいあるよー」って事です。・・・あ、もう、不可思議(ふかしぎ)から目を離しても大丈夫です。

 そして、従来のIPv4方式と、新しいIPv6方式の両方を使う事ができるサービスの名前が「v6プラス」なのです。


IPv4 と IPv6 の違い

 プロバイダーはよく「高速道路の料金所」に例えられますが、IPv4方式のネックはまさにそれです。つまり、利用者が多い時間帯には料金所(※網終端装置)が混雑するので、渋滞に巻き込まれます。

 v6プラスはこの概念を根底から覆しました。「もう、めんど臭いから、料金所(※網終端装置)は通らなくていいにするよー」ってなったので、夜間の混雑時も渋滞しなくなったのです。そして、みんなは思いました「そんな事できるならもっと早くやれし」

※網終端装置はISP(プロバイダー)毎に設置される設備なので、契約しているプロバイダーや利用者数によってインターネットの速度や品質が変わります。


じゃあ何が問題なの?

 ここまでの説明では何の問題もありません。むしろ良い事ばかりです。イカスミカフェがv6プラスをオススメしない理由にしている「v6プラスの問題点」は、【セキュリティの問題】と【全ポートの開放が出来ない】と【オンラインゲームに向いてない】の3点です。

①セキュリティの問題

 IPv6方式のセキュリティ問題は、かれこれ10年も前から専門家が警鐘を鳴らしている話です。準備編で「グローバルIPアドレスは他人に教えないようにしましょう」と書きましたが、IPv4方式のグローバルIPアドレスからは「なんとなくこの辺に住んでる、たぶんこの人?」くらいの情報しか追跡できません。なので、その他の情報やツールがないと一般人が個人を特定する事は不可能でしょう。つまり、まったく接点のない人のグローバルIPアドレスを追跡して、個人を特定する事は難しいのです。

 対してIPv6方式のアドレスは、インターネットに接続する機器1つ1つに割り当てられている識別コード【MACアドレス】から自動生成される仕組みなので、Switch本体やスマホなどの端末はもちろん、アナタが使用しているLANアダプターのメーカーまで特定し、半永久的に追跡する事が可能なのです。

②ポートの開放が出来ない

 Nintendo Switch のインターネット経由の対戦・協力プレイに適しているかどうかを示す指標「NATタイプ」を「A」にする為には、ルーターの設定で「DMZ(全ポートの開放)」をする必要があります。

しかし、利用できるポートを制限されている「v6プラス環境」ではDMZ(全ポートの開放)を設定する事ができません。(割り当てられた一部のポート開放は可能)

③オンラインゲームに向いてない

 最近ようやく認知されてきた事実ですが、競技性の高いオンラインゲームとv6プラスは相性が良くありません。

 Nintendo Switch に限らず、PS4やスマホのアプリ等、ほぼすべてのオンラインゲームは「NAT traversalNAT越え)」というアルゴリズムで対戦・協力プレイを可能にしているのですが、実はこの「NAT」という技術は「IPv4」の為に作られた「IPv4」でしか動作しない技術なのです。

「ネットサーフィン」や「動画の視聴」や「音楽のストリーミング」はv6プラスの恩恵を直に受けることができますが、オンラインゲームの通信に限っては今でも「IPv4環境」が基準なのです。

 そして「IPv4」と「IPv6」は互換性がないので、v6プラス環境下でSwitchがオンラインゲームを行う場合、まず「SwitchのIPv4パケット」を「IPv6パケット」に変換します。

 次に、変換した「IPv6パケット」で「NGN(NTT東西IPv6網)」を通過させます。

 更に「NGN」を通過した「IPv6パケット」を再び「IPv4パケット」に変換して通信相手のSwitchに届けます。

「変換」という作業が増えている以上、当然「変換」を必要としないIPv4環境よりも「ラグ」や「通信エラー」の要因が増えます。

 v6プラスにしたら「動画の視聴はサクサクになった!」けど「オンラインゲームは・・・よくわからなかった・・・」というあのモヤっとする感覚の正体はこれです。

 ちなみに「Switch本体もIPv6に対応していない」ですし、NATが存在する限りこれからも対応する事はないと思います。


まとめ

 セキュリティの問題は、普通にインターネットをしたり(怪しいサイトにアクセスしない)、普通にゲームで遊ぶ分には気にする事はないです(怪しい人と遊ばない)。

 なので、「夜間の速度低下」がラグの原因になる場合や、そもそも「混雑する時間帯にしかインターネットを使わない」というライフスタイルの人は、v6プラスの導入を検討しても良いかもしれませんが、IPv4で問題がない場合、まだv6プラスにする必要はないと思います。

 いずれ、IPv4はサービス停止になると思いますが、その頃にはこの2つの問題は新しい技術によって解決しているでしょう。

 では、以上の話を頭の片隅においておいて、中級編、堂々の最終回「回線業者とプロバイダーを替える」へ進んでください。

Sponsored Link
>