リニューアル中のためレイアウト(目次とか)が崩れているトコロがあります。(あと103ページ)

Nintendo Switch の回線速度テスト

 オンラインゲームで「通信エラー」が起きたり「ラグの有無」が気になるときは、「接続テスト」をして上の画像の①~③の値をチェックしてみましょう。

 通信エラーやラグの原因が通信回線にあるのか、Nintendo Switch 本体にあるのかを切り分けることにも利用できます。

接続テストの方法

  1. STEP

    【Home】で[設定]を選ぶ

  2. STEP

    [インターネット]を選ぶ

  3. STEP

    [接続テスト]を選ぶ

  4. STEP

    [回線速度]をチェックする

接続テストの目安

❶NATタイプ(通信の安定度)

【NAT】:Network Address Translation の略。

 ルーターが「パソコン」や「スマホ」や「ゲーム機」を管理するための識別コード『プライベートIPアドレス』を、インターネットに接続するための識別番号『グローバルIPアドレス』に変換する技術の名前を「NAT(ナット)」といいます。

 家では『おとん』って呼んでるのに、外では『お父さん』って呼びなさいっていうシステムの事です。

 人前で「おとん…あっ、お父さ」ってなるとNAT越え失敗です。

NATタイプマルチプレイ
【A】安定
【B】普通
【C / D】不安定
【F】対戦不可能

NATタイプについてちゃんと知りたいひと向けの記事(ちょっとだけ難しい)

❸通信速度(ダウンロード)

ダウンロードラグの可能性
【60Mbps】以上
【30Mbps】以上
【29Mbps】以下

※Switchの「接続テスト」の結果は、あくまでも「Switchの通信速度」なので、パソコンやスマホの速度とは一致しません。

 オンラインゲームの通信速度は、ダウンロード/アップロード共に「1Mbps」あれば充分なので、通信速度はラグの有無とは直接関係ありません。

速度が極端に遅い回線はラグを抱えている可能性が高い」という程の目安です。

 逆に「速度が速くてもラグを抱えている可能性はある」のです。

 フレッツ光を利用していて「ラグの対策」を【初級編】から順番に行っても、通信速度(ダウンロード)が「10Mbps以下」なら回線業者かプロバイダーの変更をオススメします。

フレッツ光で速度が出ないひと向けの記事

❸通信速度(アップロード)

アップロードラグの可能性
【16Mbps】以上
【8Mbps】以上
【7Mbps】以下

※Switch の仕様で「アップロードは 30Mbps 程度しか出ない」ようです(任天堂テクニカルサポートセンター)
※イカスミカフェのアップロード基準値が「8Mbps」なのは、Switch本体アップデート(Ver.6.0.0)のバグから「回線安定度によるマッチング基準」を予測した目安です。

 普段ゲームをする時間帯に、5回~10回計測して平均値をチェックすることで、より正確で具体的な通信安定度を確認できます。

ラグの有無をもっと正確に知りたいひと向けの記事

グローバルIPアドレスについての注意

 上の画像はWi-Fiでの「接続テスト」の結果です。(Ver.6.0.0 のバグで上りが 8.0Mbps)

 接続テストの結果には必ず、アナタの「グローバルIPアドレス」(数字が並んでるやつ)が表示されます。

 ときどき、フレンドさんが接続テストの結果をスクショして送ってくれる事があるのですが、グローバルIPアドレスを記載したままのスクショを他人に送ることは絶対にやめましょう

 一般的には「グローバルIPアドレスから個人情報はわからない」と言われていますが、賢い人が本気を出して時間とお金を使った場合は必ずアナタの家にたどり着きます。

 グローバルIPアドレスからは、アナタが住んでいる「市区町村まで」の情報を辿る事が可能です。

 なので、過去にSNSなどで近所の写真(風景や公園)や、近所のお店の名前を投稿していたり、街の行事(盆踊りや子供の学校行事)の日時を投稿している人は、かなり危険に近づきます。

 インターネット怖い。

 スプラトゥーンで知り合ったフレンドさんは涙が出るほど善良な人が多く、比例してネットの危険に疎い人も多かったので念のため。

※SSIDの記載もホントはダメです。

スミス店長

スミス店長

店長のウデマエ

■スプラトゥーン:カンスト(エリア)
■スプラトゥーン2
・エリア、ホコ、ヤグラ:カンスト(旧S+50)
・アサリ:X
【尊敬するイカ】:あとばるさん

カテゴリー:
関連記事