チックレートってなーに?

※チックレート【Tick Rate】:サーバーやクライアント側で「1秒間に行う処理の回数」

【Tick】とは、英語圏で時計の秒針の音を表す文化「ティクティク」とか「ティクトク」が語源なので、正しくは『ティックレート』っていいます。

 なので、時計の秒針の音を「チクタク」と表現する日本人のほとんどが『チックレート』っていいますし、かなり高い確率で平井堅はチックレート派だと思います。 

 ゲームに限らず、株式や為替、音楽(DTM)でも「最小単位」を表す時に使われる、とっても便利な言葉なのです。

❶チックレートは高い方がいい

 オンラインゲームでのチックレートの単位は「Hz(ヘルツ)」で、チックレートが30Hzなら「1秒間に30回の処理」、チックレートが60Hzなら「1秒間に60回の処理」をサーバーやクライアント側で行うという意味になります。

 ( ˘ω˘ ) スヤァ…

 晩酌中のパパさん数名がバタピーを落としそうになったのでザックリいきましょう。

 例えば、1秒間に60個のメロンパンを作る機械があったとして、60個全部の品質をチェックするなら60Hz、半分だけチェックするなら30Hzというイメージ。

 スプラトゥーンに例えると、マッチングで集まった8人の現在地や行動、ヤグラやホコの移動など、ゲームの進行に必要な情報の処理を、「1秒間に何回するか」を表すのがチックレートなので、この値が大きいほど「同期ズレ」が起こりにくくなります。

 イギリスのソフトウェアエンジニア Oliver Brammer(Octobyte)氏の記事※1によると、スプラトゥーンのチックレートは25Hz、スプラトゥーン2のチックレートは16Hzだそうです。

 公式の情報ではないので参考までにしていただきたいのですが、たぶん、きっと、おそらく、そんな感じです。

 少し前に話題になった「チックショット(傘を開いたまま攻撃する技)」もこの低チックレートを利用する技でした。(ver.1.4.1のアップデートで修正済)

※1)Oliver Brammer(Octobyto)氏の記事は消滅してしまいました。しかし、ゲーム好きの鳩"YON"さんが、とても丁寧に日本語に訳されている記事が残っていたので、リンクを貼らせて頂きます。YONさんはチックレートについてもgifアニメを使って、とても分かり易く解説されています。 YONの土鳩ブログ

❷スプラトゥーン2のチックレート

 多くのプロゲーマーがプレイするその他のFPS/TPSのタイトルが、30Hzや60Hzで処理されていることに比べると、スプラトゥーン2のチックレートは低すぎます。

 これは、スプラトゥーンの同期が、専用サーバーを使った「サーバー集中処理型」ではなく、マッチングされたプレイヤーの Switch 同士が、それぞれ直接通信を行う「P2P通信型」なので、処理能力を Switch 本体のスペックと、ユーザーの通信環境に委ねているためなのかもしれません。

(図1)

(図1)は、通常 4vs4 のガチマのP2P通信を 2vs2 に簡略化した図です。

 マッチングサーバーから選ばれた「ホストプレイヤーの Switch」は、ゲームの主軸となるプログラムの同期を担当します。(赤い矢印)

 このため、ホストプレイヤーの回線がラグいと、ホコやアサリに触れてから獲得するまでがラグかったり、ヤグラに乗ってから動き出すまでがラグかったり、スポンジやインクレールの反応がラグかったりと、プレイヤーが共有する情報(通信)の全てがラグくなります。

 イカ単体の行動はそれぞれの Switch が同期します。(黒い矢印)

 ここでもマッチアップしたプレイヤーの回線がラグいと、相手の情報が遅れて届くので、画面上の位置と実際の位置がズレる「同期ズレ」が起こります。

❸チックレートは変えられない

 ラグの対策やオンラインゲーム関係のブログを参考にしていただいて、ラグの少ない通信環境でオンラインゲームをプレイすると、それだけで勝率が安定してウデマエが上がるかもしれません。

 しかし、ウデマエが上がれば上がるほど、上位勢(ラグの少ないプレイヤー)とのマッチングも増えていくので、最終的にラグが少ないことが一方的に有利になる時代は終わります。

 マッチングされた全員のラグが少なければ、「ホストプレイヤー※2」以外は同じ条件下でのバトルになるからです。

※2)ホストプレイヤーの時間軸を基準に同期するので、他の7人よりもホストプレイヤーはちょっぴり有利です。

 そして、ラグの少ない環境下でのプレイが当たり前になると、だんだん気になってくるのがこの「チックレートが低くてツライ件」なのです。

 どんなに自宅の通信環境を整えても、ゲームの仕様であるチックレートだけはどうしようもありません。

 ラグがほとんどないローカル接続の大会でも、同期ズレは起こるのですから現時点では諦めるしかありません。

 今回で【基本編】が終了しまして、次回の【初級編】からは、いよいよ具体的な対策方法を解説していきます。

 ウデマエ昇格を目指して頑張っているイカさんや、定期的にプラベを開催している人気イカさんのお役にたてれば幸いなのです。

スプラトゥーン3【Amazon限定】
おすすめの記事