「v6プラス」は Nintendo Switch を【NATタイプA】にできない

 フレッツ光の「v6プラス」は、週末や夜間のインターネットを快適にしてくれました。しかし、P2P通信を利用したオンラインゲームにとっては、恩恵ばかりではないようです。

※インターネットは、「動画の視聴」や「リモートワーク」など、オンラインゲーム以外にも利用するので、「v6プラス」のメリットはたくさんあります。この記事は「v6プラス」自体を否定するためのものではありません。

❶Nintendo Switch は「IPv4」で動作する

 Nintendo Switch は「IPv6」通信に対応していないので、「v6プラス環境」でマルチプレイをするときは、「MAP-E(Mapping of Address and Port Encapsulation)」という技術を使って IPv4 通信を行います。

 MAP-E は「ひとつのグローバルIPアドレス」を「複数のユーザーで共有」する仕組みなので、「同じグローバールIPアドレスが同時に存在する矛盾」を解消するために、使用できるポートを240個に制限されてしまいます。

 このため、v6プラス環境の「HGW(ホームゲートウェイ )」は、Nintendo Switch を【NATタイプA】にするために必要な、「全ポートの開放」を設定できなくなります。

 なので、任天堂のテクニカルサポートに問い合わせると、「P2P通信なのでポートは全部…v6プラス?えっ、SwitchはIPv4推奨です…えっえっ、もぅ、NATタイプBでええやん」っていわれると思います。(※任天堂テクニカルサポートセンターはもっとちゃんと対応してくれます)

❷グローバルIPアドレスを買ってみた

 グローバルIPアドレスを共有しているから「全ポートの開放」ができないのなら、自分専用のグローバルIPアドレスを買えばいいんじゃない?

 と、思ったので、グローバルIPアドレスを買って検証することにしました。

 イカスミカフェ推奨プロバイダーのうち、「固定グローバルIPアドレス」のサービスがあるのは「かもめインターネット」と「ゲーミングプラス」だけだったので、今回は「かもめインターネット」をチョイスしました。

かもめインターネット
かもめインターネット

かもめインターネット

  • 月額:2,410円+フレッツ光基本料金
  • 工事:不要
  • 無料お試し:最長2ヶ月

ポイント

  1. 初期費用、長期縛り、解約違約金がない。
  2. v6プラスにしなければ Nintendo Switch を「NATタイプA」にできる。
  3. 最長2ヶ月無料のお試し期間がある。
Gaming+
ゲーミングプラス

Gaming+

  • 月額:3,278円+フレッツ光基本料金
  • 工事:不要
  • 開通:最短1日
  • 無料お試し:最長1ヶ月

ポイント

  1. 初期費用、長期縛り、解約違約金がない。
  2. v6プラスなので Nintendo Switch を「NATタイプA」にできない。
  3. 1ヶ月無料お試し期間がある。

 こんなふうに、いちいち宣伝しているイカスミカフェなので、かもめインターネットに電話をしたら、「あっ、スミス店長!いつもお世話になっています!なるほど!また記事に必要な検証をするんですね!ヒマなんですね!はいっ、はいっ!そんなぁ〜もちろん無料で提供させて頂きますよぉ〜」ってなると思っていたのですが、普通に請求がきました。

❸【NATタイプA】にできない流れ

※【注意】最終的に失敗するので操作しないでください。v6プラスはグローバルIPアドレスを買っても「DMZ(全ポート開放)」が出来ない流れを確認してください。そして画像編集を含めた店長の無駄な努力に涙してください。

①【IPv4設定】にログイン

 ブラウザを開いて「http://ntt.setup:8888/t/」 または「http://192.168.1.1:8888/t/」を入力して、設定画面を開きます。

(設定画面)
(利用可能ポート)

 TOPページには、プロバイダーから割り当てられた「利用可能ポート」の一覧が表示されています。数えてみましょう、1、2、3、4……たぶん240個あります。

(v6プラスはポートを制限される)

②【固定グローバルIPアドレス】を設定

[高度な設定]を選択する

[固定アドレス設定]を編集する

❶[固定アドレス設定]のIPv4アドレスに、かもめインターネットから郵送された「レンタルIPオプション登録情報」に記載されているIPアドレスを入力します。
❷[設定]をクリックして完了。

[利用可能ポート]を確認する

 Topページで「全ポート利用可能」になっていることが確認できました。

[IPv4パケットフィルタ設定]を選択する

[未設定のエントリNo.]を選択する

エントリを編集する

  1. 【種別】:通過
  2. 【送信元アドレス】:any
  3. 【宛先アドレス】:Switchに固定したIPアドレス
  4. 【プロトコル】:Switchのマルチプレイは「UDP」
  5. 【送信元ポート】:any
  6. 【宛先ポート】:any
  7. 【方向】:WAN=>LAN
  8. 【設定】をクリックして完了

※【any】:「どれでも」とか「全ての」ってほどの意味。

③ポート解放(ポートフォワーディング)設定

[静的NAPT設定]を選択する

[未設定のエントリNo.]を選択する

エントリを編集する

 Nintendo Switch のマルチプレイはP2Pなので【対象プロトコル】は「UDP」が正解なのですが、そんなことはどうでもいい問題が発覚します。

  1. 【公開対象ポート】:any
  2. 【宛先アドレス】:Switchに固定したIPアドレス
  3. 【宛先ポート】:any
  4. 【設定】をクリックして完了

 本来は、上記のように設定したいのですが、なんと❶と❸に「any」が設定できません。なぜなら、この入力フォームには半角の「数字」しか入力できないのです。

 しかも「5桁」までしか入力できないので、「0-65535」の形式もNGです。

 ひょっとすると、0番から65535番までのポート番号を1つ1つ設定すればいけるかもしれませんが、そんなにエントリ数があるわけないし、あってもやるわけないし。

❹まとめ

 後で分かったことなのですが、v6プラス環境のHGW(ホームゲートウェイ)は、遠隔でソフトウェアが書き換えられ、特定ポートの開放しかできなくなるそうです。

 というわけで「固定グローバールIPアドレス」を買うと、全てのUDPポートを利用できるようになりますが、ソフトウェアの都合で全ポートを解放する設定ができないので、Nintendo Switch を【NATタイプA】にすることはできないという結果になりました。

 普通にオンラインゲームを楽しむだけなら【NATタイプB】で問題ありませんが、どうしても【NATタイプA】にしたい場合は、回線業者やプロバイダーの変更を検討する必要があるようです。

NURO光
NURO光

 ONUが『HG8045Q』なら設定なしで【NATタイプA】なので楽ちん

NURO光G2T/G2D(公式)

  • 通信速度:下り最大2Gbps/上り最大1Gbps
  • 伝送方式:G-PON
  • IPv4/IPv6:デュアルスタック
  • G2T:5,200円/月
  • G2D:5,700円/月

ポイント

  1. 世界標準規格「G-PON」のハイスペック設備による高速通信。
  2. ONUの設定で Nintendo Switch が「NATタイプA」になる(ONUが『HG8045Q』の場合は設定しなくても「NATタイプA」になる。
  3. 月額990円~でPlayStation5®をレンタルできる。
  4. 45,000円のキャッシュバック
かもめインターネット
かもめインターネット

 大手プロバイダーと契約していて、休日や夜間のラグが気になる人にオススメ。

かもめインターネット

  • 月額:2,410円+フレッツ光基本料金
  • 工事:不要
  • 無料お試し:最長2ヶ月

ポイント

  1. 初期費用、長期縛り、解約違約金がない。
  2. v6プラスにしなければ Nintendo Switch を「NATタイプA」にできる。
  3. 最長2ヶ月無料のお試し期間がある。
Gaming+
ゲーミングプラス

 ゲーミングプラスはv6プラスしかないし、高いし、あまりおすすめしていません。

Gaming+

  • 月額:3,278円+フレッツ光基本料金
  • 工事:不要
  • 開通:最短1日
  • 無料お試し:最長1ヶ月

ポイント

  1. 初期費用、長期縛り、解約違約金がない。
  2. v6プラスなので Nintendo Switch を「NATタイプA」にできない。
  3. 1ヶ月無料お試し期間がある。
スプラトゥーン3【Amazon限定】
おすすめの記事