PICK UP !
Nintendo Switch 本体の設定

 Nintendo Switch 本体の「インターネット設定」をカスタマイズすることで、通信速度やPing値を安定させることができます。

 プロゲーマーやガチ勢の間では「基本中の基本のセッティング」なので、通信エラーが頻繁に起こるイカさんや、混雑時の通信が不安定になる方は是非お試しください。

注意

IPアドレス設定

通常は「自動」でOK

 ルーターが「Nintendo Switch の通信を管理するための識別コード」をIPアドレス(プライベートIPアドレス)といいます。

 ラグの対策【上級編】で解説している「ポートの解放」をする場合などに「IPアドレスを固定」するために必要な設定ですが、通常は自動でOKです。

 いじりたくてウズウズしてしまいますが、IPアドレスだけを固定しても、通信品質は変わらないので、今はそっとしておきましょう。

DNS設定

【DNS】:ドメイン・ネーム・システム

 Switchがオンライン通信を行う際に、必要な処理を任せるサーバー(DNSサーバー)を指定する設定です。

 デフォルトの「自動」に設定すると、契約しているプロバイダーのDNSサーバーを利用します。

 オンラインゲームの通信速度や応答速度(Ping値)の安定は、「DNSサーバー」の影響を受けるので、一般的なプロバイダーのDNSサーバーを利用している場合は、変更することで通信品質が向上する可能性があります※1

※1)ゲーミングプロバイダーv6プラスの環境では、通信品質が低下する場合があります。変更前と変更後のPing値を比べて「より良い設定」をチョイスしてください。

DNSの設定方法

1.ホーム画面から【設定】を選択

2.【インターネット】を選択

3.【インターネット設定】を選択

ぐるぐるぐる〜

4.【有線接続】を選択

5.【設定の変更】を選択

6.【DNS設定】を選択

7.【手動】を選択

8.【優先DNS】を選択

9.【008.008.008.008】を入力

10.【OK】を選択

[008.008.008.008]は、Googleが一般公開している「IPv4用」のDNSサーバーで、一般的なプロバイダーのDNSサーバーと比べて安定しています。

※「IPv6用」にGoogleが一般公開しているDNSサーバーは「2001:4860:4860::8888」と「2001:4860:4860::8844」なのですが、SwitchはIPv6に対応していないので設定できません。

11.【代替DNS】を選択

「優先DNSサーバー」に障害があったときの予備サーバーを設定します。

12.【008.008.004.004】を入力

13.【OK】を押して設定完了

[008.008.004.004]は、Googleが一般公開している代替DNSサーバーです。セキュリティも申し分ありません。

「DNS設定」だけで終わる場合は【保存する】を選択して終了です。

Proxy設定

【Proxy】:プロキシ(プロクシ)

 プロキシは日本語で「代理」ってほどの意味ですが、この場合の Proxy は、外部ネットワークにある「マッチングサーバー(STUN)」へのアクセスを、内部ネットワークにある「Switch」の代理でアクセスしてくれる『プロキシサーバー』のことを指します。

( ˘ω˘ ) スヤァ…

Proxyを設定するメリットはありません

(図1)

 Proxy設定を「しない」に設定している通常の Switch は、(図1)のように「マッチングサーバー(STUNサーバー)」へ直接アクセスします。

(図2)

 Proxy設定を「する」に設定した Switch は、(図2)のように「Proxyサーバー」を経由してから「マッチングサーバー(STUNサーバー)」にアクセスします。

 会社のネットワークなどにSwitchを接続してプレイする場合は、セキュリティを高めるために設定する必要があるかもしれませんが、「通信を処理する工程が増える」ので、ラグや通信エラーの原因も増えます。

 Nintendo Switch は組み込みOSなので、自宅でプレイする場合は「Proxy設定」をするメリットはありません。

【組み込みOS】:ある目的に限定した機能しか持たないOSのこと。

MTU

【MTU】:マキシマム・トランスミッション・ユニット

 スマホも Switch も、インターネットで通信する場合、データを細かく分割した「パケット」にして転送します。

「MTU」は、Switchが通信を行う際に、「分割するパケットの大きさを決める」設定です。

 契約している回線によってMTU値が違うので、最適な値を設定することをオススメします。

 理論的には「劣悪な通信環境ではMTU値を小さく」する方が転送効率が良くなり、「安定した回線ではMTU値を大きく」する方が、制御信号が少なくなるため通信速度が上がります。

 契約している回線のMTUが「1280」なのに、デフォルトの「1400」のままで通信すると、パケットが「1280」と「120」に分割され、それぞれのパケットを管理するためのデータ(制御信号)が追加されるので通信効率が悪くなります。

 逆に、MTU値が「1500」の回線に「3000」のパケットを送信する場合、本来なら「1500」+「1500」の2回で送信完了しますが、デフォルトの「1400」のままにしていると、「1400」+「1400」+「200」の3回に分割しなくてはいけなくなり、それぞれにパケットを管理するためのデータが追加されるので通信効率が悪くなるという具合です。

 通信環境によって違う「MTU」をいちいち説明するのは面倒なので、あんまり仲良くない人には「設定してもしなくても同じだと思うの」でOKですが、仲良しさんには「設定してもしなくても同じものを任天堂は用意しないと思うの」と、こっそり教えてあげましょう。

MTUの設定方法

1.【MTU測定サイト】にアクセス

 利用している回線のMTU値を測定できるサイト「Speed Guide(英語)」にアクセスします。

※スマホでも測定できます。
※Switchが使用している回線で計測して下さい。

2.【MTU値】をメモ

回線業者MTU値の例
NURO光1500※2
auひかり1492
フレッツ光1454※3

※2)ONUが「HG8045Q」の場合:1452
※3)v6プラス:1460、ドコモ光:1454、ソフトバンク光:1454

3.【MTU】を選択

4.【メモしたMTU値】を入力

5.【OK】を選択

6.【カスタマイズした値】を確認

7.【保存する】を押して設定完了

  • マンション備え付けの回線は、業者ルーターのMTUが低く設定されている場合があるので、念のため測定サイトでMTU値を確認することをオススメします。
  • MTU値を変更してエラーが起きる場合は初期値「1400」に戻して下さい。
  • MTU値を「1400以下」にしないと通信が安定しない場合は、回線業者やプロバイダーの変更を検討してもいいかもしれません。
おすすめの記事
LANケーブルを替える
LANケーブルを替える
 電気を使って仕事をするプロフェッショナルはケーブルにこだわります。プロフェッショナルなギタリストはギターとアンプをつなぐケーブル(シールド)にこだわり、プロフェッショナルなVJは機材とモニターをつなぐ映像ケーブルにこだわり、プロフェッショナルなゲーマーはゲーム機とインターネットを繋ぐLANケーブルにこだわるのです。そ...
潮位で変わる戦術
潮位で変わる戦術
 チームでカンストチャレンジをする場合、潮位の変化に対応した戦術を共有しておくと仕事がスムーズに終わります。特に高難易度では1人でも戦術理解度が低いと、ノルマすら達成できずに失敗する事があるので、慣れないうちは最もシンプルな約束事「潮位で変わる戦術」でチーム連携の練習をすると、より楽しくチャレンジできると思います。 ❶...
オンラインゲーム向きの「回線業者」「プロバイダー」に乗り換える
オンラインゲーム向きの「回線業者」「プロバイダー」に乗り換える
「ラグの対策」の【準備編】〜【中級編】まで、全部やっても「Ping値の測定」の結果が改善しない場合は、回線業者やプロバイダーの変更を検討するタイミングかもしれません。  面倒な書類を書いたり、工事の順番を待ったり、ラジバンダリしたのに、「ラグは改善しなかった」ということがないようにしましょう。 「まだ試してない対策」が...