PICK UP !
フレッツ光で Nintendo Switch を【NATタイプA】にする方法❸「ポートの解放」
注意

Nintendo Switch 本体の「IPアドレスの固定」が完了していないと「ポートの開放」は設定できません。

はじめに

  • フレッツ光で Nintendo Switch を【NATタイプA】にする方法❶「NATタイプAってなーに?」の内容を理解していることを前提に解説しています。
  • 「集合住宅の無料インターネット」は共有部分に設置されている業者ルーターが原因(多段NAT)となり「NATタイプA」にすることは出来ません。|(二重ルーター):参照)
  • 「v6プラス」はUDPポートが制限されているため「NATタイプA」にすることはできません。(【v6プラス】についての注意:参照)
  • 設定する場所や数値を間違えるとSwitchがインターネットに繋がらなくなる事もあるので「慎重かつ自己責任」で行なって下さい。
  • こどものイカさんは「えっ…どうしてボクの家に石原さとみが…あっ、なんだママか!」っていってから手伝ってもらってね♪

HGW(ホームゲートウェイ)ってなーに?

 フレッツ光のレンタルルーターのことを「HGW(ホームゲートウェイ)」といいます。

※PR-500KI / PR-500MI / RT-500KI / RT-500MI / RS-500KI / RS-500MI など種類があります。

HGWの「ポート」を解放する

注意

Nintendo Switch 本体の「IPアドレスの固定」が完了していないと「ポートの開放」は設定できません。

1.HGWにログイン

①ブラウザに[192.168.1.1]を入力してHGWにログインする

[192.168.1.1]を入力してEnterを押す

この画面が表示されたらログイン成功

2.簡易DMZ設定

②【詳細設定】をクリック

詳細設定のサブメニューが開きます。

③【静的NAT設定】をクリック

④【簡易DMZ設定】にチェック >【Nintendo Switch に固定したIPアドレス】を入力(IPアドレスの固定:参照)

IPアドレスを入力

「特定ホストのIPアドレス」に、「IPアドレスの固定」で【Nintendo Switch に固定したIPアドレス】を入力します。

 この設定により、Switch に対して送信されたパケットは「全て通過」するようになります。

⑤【設定】をクリック

「正常に処理が完了しました。」って出たらHGWの設定は完了です。【閉じる】をクリックして、ブラウザも閉じてしまってOKです。

3.「NATタイプ」の確認

①ホーム画面 >【設定】

②【インターネット】>【接続テスト】

③「NATタイプ」を確認

「NATタイプ」が【A】になっていれば「ポートの開放」は成功です。お疲れ様でした。

おすすめの記事
ゲーミングチェアを使う
ゲーミングチェアを使う
❶ゲーミングチェアってなーに?  プロゲーマーの練習時間は8時間〜10時間に上るそうで、その間、「正しい姿勢の維持」「ストレスの緩和」「疲労の軽減」など、プロゲーマーのプレイをサポートをするために開発されたのが『ゲーミングチェア』です。  会社でデスクワークをしている人の中には、「12時間以上イスに座る人」もいるので、...
サーモンランの基本戦術
サーモンランの基本戦術
 最終号はチームワークで「たつじん999」を目指す方法を解説します。この先はウデマエのカンスト同様、『最低限の個の力』は必要になりますし、創刊号&8月号の内容はマスターしていることを前提に解説していきます。  とはいえ、「高い戦術理解度は個の力を上回る」ので、現在のウデマエは置いておいて、仲良しさんとの楽しいバイトライ...
【Q1】白馬に乗った王子様が迎えに来てくれません、どうしてですか?
【Q1】白馬に乗った王子様が迎えに来てくれません、どうしてですか?
※この記事は2019年5月にカウンターページ内に設置したフォーム「Q&A:店長に質問!」に送信して頂いたテキストを元に書いています。(質問文は文字数の関係で短く編集している場合があります) 【Q1】白馬に乗った王子様が迎えに来てくれません、どうしてですか? コッコさん(35)ガール 好きなブキ:わかばシューター...
2021年5月20日から「避難勧告」が廃止されて『避難指示』で【必ず避難】になりました。
2021年5月20日から「避難勧告」が廃止されて『避難指示』で【必ず避難】になりました。
 避難情報の見直しがあり「避難勧告」が廃止になって、2021年5月20日から『避難指示』で全員【必ず避難】になりました。  今年も「大雨による災害」は予想されています。アナタの大切な家族や友人の命を守るため、この機会に、もう一度「避難情報に関するガイドライン」を見直してみましょう。 ❶「自らの命は自らが守る」にシフト ...