Nintendo Switch を【NATタイプA】にする方法❸「ポートを開放する」

 Nintendo Switch 本体の「IPアドレスの固定」が完了していないと「ポートの開放」は設定できません。「IPアドレスの固定」を参考に設定して下さい。

【注意①】ラグの対策「初級編」から「中級編」までの対策を行なっている、またはそれに準ずる「通信品質が安定した回線」であることを前提に解説します。
【注意②】NATタイプをAにする設定は通信速度を速くする設定ではありません。また、通信品質の悪い回線でNATタイプをAにすると、通信エラーが増える可能性があります。
【注意③】マンションに備え付けのインターネットを「NATタイプA」にすることは出来ません。
【注意④】v6プラスは利用できるUDPポートを制限されているため「NATタイプA」にすることはできません。→【v6プラス】についての注意:参照
【注意⑤】設定する場所や数値を間違えるとSwitchがインターネットに繋がらなくなる事もあるので「慎重かつ自己責任」で行なって下さい。
※こどものイカさんは「えっ…どうしてボクの家に石原さとみが…あっ、なんだママか!」って言ってから手伝ってもらってね♪

フレッツ光+レンタルルーターの場合

HGW(ホームゲートウェイ )

PR-500KI / PR-500MI / RT-500KI / RT-500MI / RS-500KI / RS-500MI など

フレッツ光のHGW

 フレッツ光のレンタルルーターのことを「HGW(ホームゲートウェイ)」と呼びます。

ONU(光回線終端装置)

 光の国の言葉を電気の国の言葉に通訳してくれる機械。PRシリーズとRSシリーズのHGW(ホームゲートウェイ)は、ONU一体型なのでこの機械はありません。

ONU+HGW に Nintendo Switch を接続した環境

ONU一体型HGWに Nintendo Switch を接続した環境

 上図のような環境で Nintendo Switch をインターネットに接続している場合の「ポート開放」を解説していきます。

 ONUにゲーミングルーター(他社ルーター)を接続している環境はこちら

HGW(ホームゲートウェイ)のポートを解放する方法

  1. STEP

    HGWにログインする

     HGWの設定をいじくるために、PCを使ってHGWにログインします。

     PCのブラウザを開いて、URLを入力するフォームにHGWのIPアドレス[192.168.001.001(192.168.1.1)]を入力してenterキーを押します。

     こんなインターフェイスが表示されたらログイン成功です。

  2. STEP

    【詳細設定】をクリックする

     詳細設定のサブメニューが開きます。

  3. STEP

    【静的NAT設定】をクリックする

  4. STEP

    【簡易DMZ設定】にチェックを入れ、
    【Nintendo Switch に固定したIPアドレス】を入力する(IPアドレスの固定:参照)

    「特定ホストのIPアドレス」のフォームに、「IPアドレスの固定」で【Nintendo Switch に固定したIPアドレス】を入力します。

    【DMZ(DeMilitarized Zone)】「非武装地帯」って程の意味。

    「DMZ」はオンラインゲームのガチ勢ではごく当たり前の設定です。

     セキュリティを心配する人もいるかもしれませんが、Nintendo Switch は組み込みOS(限定された機能しか持たないOS)で動作しているので問題ありません。

     任天堂の公式サポートでも特定ポートの開放ではなく「DMZ(全ポート開放)」を指示しています。

    ※PCやスマホの通信に対してDMZを行う事は非常に危険なのでやめましょう。

  5. STEP

    【設定】をクリックする

    「正常に処理が完了しました。」って出たらHGWの設定は完了です。【閉じる】をクリックして、ブラウザも閉じてしまってOKです。

    【NATタイプ】を確認する

フレッツ光+ゲーミングルーター(他社ルーター)の場合

ゲーミングルーター(他社ルーター)

 この記事ではASUSのRT-AC88Uを例に解説していきますが、ASUSのインターフェイス(設定画面)は共通なので他のモデルでも同じ操作で設定できます。

 他社ルーターでも設定する項目は同じなので、マニュアルとにらめっこしながら応用して下さい。

ONU(光回線終端装置)

 光の国の言葉を電気の国の言葉に通訳してくれる機械。PRシリーズとRSシリーズのHGW(ホームゲートウェイ)は、ONU一体型なのでこの機械はありません。

ONU+ゲーミングルーターに Nintendo Switch を接続した環境

 この記事では、上図のような環境で Nintendo Switch をインターネットに接続している場合の「ポートの開放」の設定方法を解説しています。

 ひかり電話を契約してるなど「HGW(ホームゲートウェイ)」をネットワークから外せない場合は以下の記事を参考にしてください。

ゲーミングルーター(他社ルーター)のポートを解放する方法

  1. STEP

    ゲーミングルーター(他社ルーター)にログインする

     ASUS製ルーターはNTTと同じIPアドレス[192.168.001.001(192.168.1.1)]でログインできますし、[http://router.asus.com]からでもログインできます。

    • 【TP-Link】
      [192.168.0.1]/[192.168.1.1]
       もしくは[http://tplinkwifi.net]
    • 【BUFFALO】
      [192.168.11.1]
       もしくは[http://192.168.11.1/]
    • 【ELECOM】/【Logitec】
      [192.168.2.1]
    • 【IOデータ】
      [192.168.0.1]
    • 【NEC Aterm】
      [192.168.0.1][192.168.10.1]
       もしくは[http://aterm.me/]
  2. STEP

    ユーザー名とパスワードを入力する

     ゲーミングルーターの初期設定の時に登録した「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

    ※初期設定が終わってないルーターはアカウントの登録画面が出るので、画面の指示通りに登録を完了してからログインして下さい。

  3. STEP

    ログインする

     こんなインターフェイスが表示されたらログイン成功です。

  4. STEP

    【WAN】をクリックする

  5. STEP

    【DMZ】のタブをクリックする

  6. STEP

    【DMZ】を有効にする

    ❼【DNZを有効にする】の「はい」にチェック
    ❽【Nintendo Switch に固定したIPアドレス】を入力する(IPアドレスの固定:参照)
    ❾【適用】をクリックする

    【DMZ(DeMilitarized Zone)】「非武装地帯」って程の意味。

    「DMZ」はオンラインゲームのガチ勢ではごく当たり前の設定です。

     セキュリティを心配する人もいるかもしれませんが、Nintendo Switch は組み込みOS(限定された機能しか持たないOS)で動作しているので問題ありません。

     任天堂の公式サポートでも特定ポートの開放ではなく「DMZ(全ポート開放)」を指示しています。

    ※PCやスマホの通信に対してDMZを行う事は非常に危険なのでやめましょう。

  7. STEP

    設定完了

     ゲーミングルーター(他社ルーター)の設定は以上です。ブラウザを閉じてPCを終了しましょう。

【NATタイプ】を確認する

 最後に Nintendo Switch の「接続テスト」を行って【NATタイプ】」を確認しましょう。

【NATタイプ】を確認する方法

  1. STEP

    Nintendo Switch のホーム画面で【設定】を選択する

  2. STEP

    【インターネット】から【接続テスト】を選択する

  3. STEP

    【NATタイプ】を確認する

    【NATタイプA】になっていれば「ポートの開放」は成功です。

ASUS:RT-AC88U について

  • IEEE 802.11ac
  • ストリーム4(外付4本)
  • CPU:1.4GHz デュアルコア(512MBメモリ装備)

※この記事で使用している「RT-AC88U」は 新しいWi-Fi規格「IEEE 802.11ax(Wi-Fi6)」 に対応していないので現在はオススメしていません。

スミス店長

スミス店長

店長のウデマエ

■スプラトゥーン:カンスト(エリア)
■スプラトゥーン2
・エリア、ホコ、ヤグラ:カンスト(旧S+50)
・アサリ:X
【尊敬するイカ】:あとばるさん

カテゴリー:
関連記事